冬の幻 - Acoustic version

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 林保徳   Composer: 林保徳

君の写真が笑ってる
大好きだった笑颜で
11月の夜明け前
天国へ旅立った…
寒さに弱い仆の シャツに手を入れたりして
君が喜ぶから 冬が好きだった…

粉雪よ止まないで
手の平に消えないで
儚(はかな)すぎる命と重なるから
震えた声で かじかんだ手で
ただ君を探し続けているよ

泣き虫で怖がりだから
早く君を见つけなきゃ
どこにもいるはずないのに
冬の香りがしたよ
まるで子供のように 「寒い‥」ってはしゃぎながら
君が抱きつくから 冬が好きだった…

君を见つけられない
苦しくて眠れない
逢いたい 逢いたい気持ち 抑えられない
梦にもたれて 静かに泣いて
君を探し続けている
神様がいるのなら
奇迹が起こるのなら
仆の愿い一つだけ叶うなら
もう一度だけ 君に逢わせて
幻(まぼろし)でもいいから…

君を见つけられない
苦しくて眠れない
逢いたい 逢いたい気持ち 抑えられない
梦にもたれて 静かに泣いて
少しずつ歩いてみるよ
でも君を忘れない
涙なら流さない
仆の心の中に生きてるから
白い景色に 君を映して
あの日の笑颜のまま…