蕎麥屋

Lyricist: 中島みゆき     Composer: 中島みゆき

世界 じゅうが だれもかも
伟い 奴に 思えてきて
まるで 自分 ひとりだけが
いらない ような気がする时

突然 おまえから电话がくる
突然 おまえから电话がくる
あのぅ、そばでも
食わない かあ、ってね

べつに 今さら おまえの颜见て
そばなど 食っても 仕方がないんだけれど
居留守つかうのも なんだかみたいで
なんのかんのと 割り箸を 折っている

どうでも いいけどとんがらし
どうでも いいけどとんがらし
そんなに かけちゃ
よくないよ、ってね

风は のれんを ばたばたなかせて
ラジオは 知ったかぶりの 大相扑中継
あいつの失败话に けらけら笑って
丼に つかまりながら、おまえ

あのね、わかんない奴もいるさって
あのね、わかんない奴もいるさって
あんまり 突然云うから
泣きたく なるんだ

风は のれんを ばたばたなかせて
ラジオは 知ったかぶりの 大相扑中継
くやし 涙を 流しながら
あたし たぬきうどんを 食べている

おまえは 丼に颜つっこんで
おまえは 丼に颜つっこんで
駄洒 落话を せっせと
咲か せる

风は のれんを ばたばたなかせて
ラジオは 知ったかぶりの 大相扑中継