Yakedo

Lyricist: 三島想平    Composer: cinema staff

彼の世界では言葉が意味を持たない。
十字路を通りすぎていく。
答えは見つからないままだ。
小説は彼を待つ。

図書館は燃やされて、
もう喉は必要ない、それだけ。
彼ら顔を見合わせては、笑うだけ。
この峠を超えていって、何に変わろう?

いま、図書館は業火の中。
首筋は凍った、それだけ。
彼らは汚れた服を着て笑うだけ。
この峠を超えていった今はどこに?

旅の医者目を見開いた。
その火傷は燃え続ける。街は東。
海はもう、すぐそこだ。