Sigh (feat. 鏡音レン)

Lyricist: 花束P    Composer: Dios/シグナルP

指先 止まった 小鸟の行方を
谁かが笑って 未来を唱えだす

差し出す君の手 微かに震える
宿り木はどこに? 答えは知らない

「あなたの本音を闻かせて」
甘い声で君は言う
视线も合わせないまま
二人の夜が、今――

梦を梦と认めるなら
この夜をどうか繋いで
手と手すら重ねぬまま
Loading your slightly warm from here

この背中追いかけるなら
その手の幸せ舍ててよ
グラスに浮かんだ氷が
ゆくあてもなく漂う

つまさき见つめる 仕草はいつでも
终わりの予感を 静かに连れてくる

変わらぬものなど ないこと知ってる
言叶に出したら そのとき访れる

「あなたの本音を闻かせて」
ため息だけこだまする
视线も合わせないまま
二人の夜が、今――

梦を梦と认めるなら
この时を 谁か止めてよ
唇すら知らぬまま
Loading your slightly warm from here

君の手にはきれいな花
ここには咲くことない花
溶けた氷の行く末は
简単に予想つくでしょう

かよわい小鸟の羽は
羽ばたき疲れ落ちてく
膨らんだシャボンのような
希望は哀れにも・・・

梦を梦で终わらせない
方法がもしあるのなら・・・
名前さえも呼ばぬまま
Loading your slightly warm from here

もしも二人手を取り合い
素直に笑えていたなら
きっと君はここにいたね
梦の终わり それが答え