Supernova

Lyricist: 菅原卓郎    Composer: 滝善充

十万度の太阳を抱きしめた时
砂漠になった仆の头は
吹き抜ける风に冷やされる度に
涙の雨の水滴がきらめいた

指先で触れるだけ

谁の胸も音を立てず粉々になるだろう
その欠片が散らばっても 集めたりしないで
満月の向こうに何を见ていたの?
砕けた星の海

十万度の体温で抱きしめてくれた
あの娘のことを助けたいなら

指先で触れるだけ
伤あとを开くだけ

何もかもを照らし出して粉々になっても
辉くため燃やしたもの 忘れたりしないで

満月の向こうの暗を见ていたの?
砕けた星の海

谁の胸も音を立てず粉々になるだろう
その欠片が散らばっても 集めたりしないで

満月の向こうで 満月の向こうで
満月の向こうで神は见ていたの?

砕けた星の海
流れ星の最期