Song

蓝色幽光

Preview Full Track

Lyricist: Mitsuru Igarashi     Composer: Mitsuru Igarashi



ブルーのシャツを着た君の颜が
今でも胸をよぎるの
言叶に出来ないと 歯に噛んでは
过ごした青い煌めき

时は足早に 駆け抜けてゆく
こわれた恋の忘れもの

君の大好きな歌が流れてた
せつないメロディは面影映して
昨日の仆と足迹 なぎさに残し
歩いてゆく いつか来た路を

たとえば もう少し大人だったら
流した涙の理由(わけ)も
不安に震えてた君の肩も
分かって上げただろうか

そして今仆は 过ちを知る
こわれた恋の赠りもの

君の大好きな 花が咲いていた
なつかしい香りに面影重ねて
悲しいほどのいとしさ 抱きしめながら
歩いてゆく 朝焼けの路を

君の大好きな歌が流れてた
せつないメロディは面影映して
昨日の仆と足迹 なぎさに残し
歩いてゆく 新しい路を