Lyricist: ひとしずくP・やま△    Composer: ひとしずくP・やま△

舞い落ちる粉雪が
山の背を白く染める
寂れた村の あばら家で
二人、身を寄せ合う 冬の夜

「出会った日も、雪だった」
あなたが 微笑みつぶやく
囲炉里火(いろりび)に火照(ほて)った颜を
大きな袖の影に隠した

春の访れを
息吹の歓び さえずる鸟达と 歌う
「绮丽な声だね」と あなたが言った
ただそれが、その言叶が、嬉しくて

「いつか、绮丽な声が出なくなっても、
それでも、私を爱してくれますか?」
「当たり前だよ」って 优しく笑い
そっと 大きな手が頬を抚でた

青叶照る 夏の午后
あなたが病に倒れた
贫しい夫妇(めおと)暮らしでは
あなたを治す薬は 买えない

明くる日も 明くる日も
ただ、ひたすらに机(はた)を织る
儚き红叶(もみじ)の叶のように
あなたの命を、散らせはしない

季节は流れて
夏の终わりを告げる铃虫が リン、と鸣く
「绮丽な指だね」と 伤だらけの手を握る、その手が
あまりにも冷たくて・・・

「いつか绮丽な指がなくなっても、
それでも私を爱してくれますか?」
「当たり前だよ」って 咳(せ)き込みながら
痛む指を 大きな手が包んだ

昼も夜も 机を织り続けて
早く早く、薬を买わなければ・・・
もう少し、あと少し、红叶(もみじ)が散る前に
この指が止まるまで・・・ この羽が、尽きるまで・・・

――呜呼 落日の风――
――无情に朽ちていく実の――
――灯火を揺らし 落とす――

「いつか、私がヒトじゃなくなっても、
あなたは、私を爱してくれますか?」
怖くて真実は告げられぬまま
そっと ひとり、最后の羽を折り・・・

「当たり前だよ」って 仆は笑い
翼を失くした君を抱きしめ、言った
绮丽に羽ばたいた あの日の鹤を
ずっと、今でも覚えているよ

そして 変わらず君を 爱しているよ

四季折の羽 (feat. 鏡音リン&鏡音レン)

Preview Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP・やま△    Composer: ひとしずくP・やま△

舞い落ちる粉雪が
山の背を白く染める
寂れた村の あばら家で
二人、身を寄せ合う 冬の夜

「出会った日も、雪だった」
あなたが 微笑みつぶやく
囲炉里火(いろりび)に火照(ほて)った颜を
大きな袖の影に隠した

春の访れを
息吹の歓び さえずる鸟达と 歌う
「绮丽な声だね」と あなたが言った
ただそれが、その言叶が、嬉しくて

「いつか、绮丽な声が出なくなっても、
それでも、私を爱してくれますか?」
「当たり前だよ」って 优しく笑い
そっと 大きな手が頬を抚でた

青叶照る 夏の午后
あなたが病に倒れた
贫しい夫妇(めおと)暮らしでは
あなたを治す薬は 买えない

明くる日も 明くる日も
ただ、ひたすらに机(はた)を织る
儚き红叶(もみじ)の叶のように
あなたの命を、散らせはしない

季节は流れて
夏の终わりを告げる铃虫が リン、と鸣く
「绮丽な指だね」と 伤だらけの手を握る、その手が
あまりにも冷たくて・・・

「いつか绮丽な指がなくなっても、
それでも私を爱してくれますか?」
「当たり前だよ」って 咳(せ)き込みながら
痛む指を 大きな手が包んだ

昼も夜も 机を织り続けて
早く早く、薬を买わなければ・・・
もう少し、あと少し、红叶(もみじ)が散る前に
この指が止まるまで・・・ この羽が、尽きるまで・・・

――呜呼 落日の风――
――无情に朽ちていく実の――
――灯火を揺らし 落とす――

「いつか、私がヒトじゃなくなっても、
あなたは、私を爱してくれますか?」
怖くて真実は告げられぬまま
そっと ひとり、最后の羽を折り・・・

「当たり前だよ」って 仆は笑い
翼を失くした君を抱きしめ、言った
绮丽に羽ばたいた あの日の鹤を
ずっと、今でも覚えているよ

そして 変わらず君を 爱しているよ