ラストダンス

Lyricist: 小出祐介    Composer: 小出祐介

最后のダンス 踊るふたりは ただただ、笑う
ラストダンス ふたりは踊る 廻る、廻る 拍手は无い

「夏」が付く名前の少女と 永远のしばしの别れ
终わりの始まりを始めよう 肌寒い风を合図に
见惚れてた あなたのすべてが揺らぐのを
物语に変わりゆく 君色の记忆

最后のダンス 踊るふたりは ただただ、笑う
ラストダンス 足を踏みながら 廻る、廻る ふたりの世界

街が今夜を着饰っていく また逢える そんな嘘まで
死んでも忘れない気がしてる 死にそうな程润んだ目を
见つめてた あなたが柠檬を见上げるのを
俺は今、生きている 君色の夜に

最后のダンス 踊るふたりは ただただ、笑う
ラストダンス ふたりは踊る 廻る、廻る 今夜は长い

一枚羽织った季节に 街中が乱舞る
言叶のいらない距离で 黒髪が舞い踊って、いま

最后のダンス 踊るふたりは ただただ、笑う
ラストダンス ふたりは踊る それはそれは、最高のダンス
踊るふたりを街が见てる

デスとラヴ涡巻く夜に それはそれは、最高のダンス

君色の舞う街に
デスとラヴが涡巻き
踊り続けるふたり
拍手は闻こえない