Lyricist: 秋元康   Composer: Akira Sunset・APAZZI


一人でいるのが 一番楽だった
谁かと一绪にいると 仆は仆じゃない
小さい顷から ブランコが好きで
シーソーに乗っている时は ただ相手に合わせた

気づけば君はいつのまにか
仆のすぐ近くにいるのに
仆は仆らしく そう普通でいられるのはなぜだろう?

それが恋と知ってしまったなら
こんな自然に话せなくなるよ
だから仆たちは似た者同士
気の合う友达だと思ってる
目の前にはいつもヒントがあり
纷れもない过去の答えがある
あきらめるなら一人でいいけど
梦を见るなら君と一绪がいい
话したい谁かがいるってしあわせだ

林檎を剥く时 母亲の指先が
滑って切ってしまいそうで 嫌いと嘘ついた

何も欲しいと言わなければ 永远に伤つかずに済む
仆は何回か その疮盖を见て学んだ 望まない

これが恋と知ってしまったんだ
一本のコーラ 2人饮んでから
急に仆たちはドキドキとして
お互いに异性だと思い出す
今までならきっと逃げてただろう
君のことを失うのが怖い
片想いなら黙っていればいい
両思いなら気づかなければいい
话したい谁かがいるっていいもんだ
仆の部屋 片隅で漫画読んでる
君とだったら シーソー乗ってみよう

それが恋と知ってしまったなら
こんな自然に话せなくなるよ
だから仆たちは似た者同士
気の合う友达だと思ってる

目の前にはいつもヒントがあり
纷れもない过去の答えがある
あきらめるなら一人でいいけど
梦を见るなら君と一绪がいい
话したい谁かがいるってしあわせだ

Ima Hanashitai Darekagairu

Preview Open KKBOX

Lyricist: 秋元康   Composer: Akira Sunset・APAZZI


一人でいるのが 一番楽だった
谁かと一绪にいると 仆は仆じゃない
小さい顷から ブランコが好きで
シーソーに乗っている时は ただ相手に合わせた

気づけば君はいつのまにか
仆のすぐ近くにいるのに
仆は仆らしく そう普通でいられるのはなぜだろう?

それが恋と知ってしまったなら
こんな自然に话せなくなるよ
だから仆たちは似た者同士
気の合う友达だと思ってる
目の前にはいつもヒントがあり
纷れもない过去の答えがある
あきらめるなら一人でいいけど
梦を见るなら君と一绪がいい
话したい谁かがいるってしあわせだ

林檎を剥く时 母亲の指先が
滑って切ってしまいそうで 嫌いと嘘ついた

何も欲しいと言わなければ 永远に伤つかずに済む
仆は何回か その疮盖を见て学んだ 望まない

これが恋と知ってしまったんだ
一本のコーラ 2人饮んでから
急に仆たちはドキドキとして
お互いに异性だと思い出す
今までならきっと逃げてただろう
君のことを失うのが怖い
片想いなら黙っていればいい
両思いなら気づかなければいい
话したい谁かがいるっていいもんだ
仆の部屋 片隅で漫画読んでる
君とだったら シーソー乗ってみよう

それが恋と知ってしまったなら
こんな自然に话せなくなるよ
だから仆たちは似た者同士
気の合う友达だと思ってる

目の前にはいつもヒントがあり
纷れもない过去の答えがある
あきらめるなら一人でいいけど
梦を见るなら君と一绪がいい
话したい谁かがいるってしあわせだ