Song

7.2

Preview Full Track

Lyricist: HALCA/ユウスケ     Composer: MEG



段々近づくいつものバー
入って左端のカウンター
座った途端に空気変わった
酔いも醒めるような 鲜やかなダリア

色褪せた壁 回るシーリングファン
まるで荒野に咲いた花のような
绮丽な君とはアンバランスだ

赤く染めた頬 濡らす涙
ここじゃ野暮な诠索は无しだ
とりあえず一杯奢ろうか
神の思し召しとやらに干杯だ

I don't mind.If you feel sad.
君の涙はまさにエルドラド
一瞬で一周できる程小さな世界へようこそ

戻りたい 戻れない 枯れそうな心
夏の夜を彩る エルドラド 诱った影が

反らす视线とは里腹
汗ばんでく手の中(Believe your self. Don't be afraid.)
触れた指先が热を増し
歯止めは泡沫消えてく(Don't look back. Go your way.)
理性は侵食され尽くし
覚醒する本能(Believe your self. Don't be afraid.)
何度も交わる视线と小さく交わす言叶が
上げる心拍数止まらない 戻れない

AとBの选択肢の间で行ったり来たりした
答えはお互いの出方次第で
本能が烦悩求めた
リビドーに基づいた行动に意味が生まれた
下手な火游びかもしれないが
いわば死も恐れぬユートピア

この热帯夜以来 燃え上がって冷めない热が続く
オレンジの満月 见る度 苏るこの瞬间
VERSACE クリスタルノワールの香り

罪な夜ほど思い出に変わる
暗い夜に日はくれぬ そうだろ
一瞬で一蹴出来る程小さな世界へようこそ

戻りたい 戻れない 髪の香り 触れた指
悩ましげな瞳さえ
一夜のリビドー? もう戻れない?

唇淡く红く色づき
爱しい痛み消えない(Believe your self. Don't be afraid.)
もう一度贵方を あの日を
愿うのは秽らわしいこと?(Don't look back. Go your way.)
思い出せば全て支配され
何もかも美しく(Believe your self. Don't be afraid.)
いつかまた伤を宥め合い 伪りでも触れていたい
体中に残された记忆消える前に

瞳闭じ 噎せ返る 淡い残像
すべて焼き付き 离れそうもない

反らす视线とは里腹
汗ばんでく手の中(Believe your self. Don't be afraid.)
触れた指先が热を増し
歯止めは泡沫消えてく(Don't look back. Go your way.)
理性は侵食され尽くし
覚醒する本能(Believe your self. Don't be afraid.)
何度も交わる视线と小さく交わす言叶が
上げる心拍数止まらない 戻れない