Lyricist: イマイズミヒカル   Composer: イマイズミヒカル


夜の帐に溶け込む仆は
ゼロと白を両手に抱えて
夜の彼方
名前の无い星を见つけた

始まりはいつも 孤独の光
ゼロにイチを足したその时に
零れたのは
仅かな淡いドロイメライ

ハジマリの駅を超えて
产まれた声は
心の居场所を探し 泳いでく
何処に辿り着くのかも暧昧な
列车の中
未だ见ぬ朝を愿う
动き出した心臓はまた鸣らせるか
未来の音を

人は谁でも 孤独の光
虚しさに冻えるような冬空に
流れるのは 名前の无い仆の涙

カナシミの駅に降りて
痛みを覚えた仆等は
谁かの痛みでまた泣く
いつかその缲り返しを
「ゼロ」と名付けて
生まれた心を「白」とよんだ
走りだすその意味が
爱おしく思うって
君は笑える?

银河の隅でひとつ 终わる鼓动
时间は気にも留めず 廻り、流る
そして次の駅へ

サヨナラの駅を超えて
生まれた光が
空(から)の掌に微かに灯れば
息きる続ける理由を 阳だまりになる
冻える心の 阳だまりになる

缲り返すゼロを超えて
生まれた声は
涙の居场所を探し 泳いでいく
夜の暗を走る列车の中
どう足掻いても孤独な仆等だから
灯る命が辉く

Zero and White

Preview Open KKBOX

Lyricist: イマイズミヒカル   Composer: イマイズミヒカル


夜の帐に溶け込む仆は
ゼロと白を両手に抱えて
夜の彼方
名前の无い星を见つけた

始まりはいつも 孤独の光
ゼロにイチを足したその时に
零れたのは
仅かな淡いドロイメライ

ハジマリの駅を超えて
产まれた声は
心の居场所を探し 泳いでく
何処に辿り着くのかも暧昧な
列车の中
未だ见ぬ朝を愿う
动き出した心臓はまた鸣らせるか
未来の音を

人は谁でも 孤独の光
虚しさに冻えるような冬空に
流れるのは 名前の无い仆の涙

カナシミの駅に降りて
痛みを覚えた仆等は
谁かの痛みでまた泣く
いつかその缲り返しを
「ゼロ」と名付けて
生まれた心を「白」とよんだ
走りだすその意味が
爱おしく思うって
君は笑える?

银河の隅でひとつ 终わる鼓动
时间は気にも留めず 廻り、流る
そして次の駅へ

サヨナラの駅を超えて
生まれた光が
空(から)の掌に微かに灯れば
息きる続ける理由を 阳だまりになる
冻える心の 阳だまりになる

缲り返すゼロを超えて
生まれた声は
涙の居场所を探し 泳いでいく
夜の暗を走る列车の中
どう足掻いても孤独な仆等だから
灯る命が辉く