Lyricist: hyde   Composer: tetsu




柔らかなその頬へとふれて
やわらかなそのほほへとふれて
优しい时间に浸されていたい
やさしいじかんにひたされていたい
もう一度あの海辺に戻り
もういちどあのうみべにもどり
ただ何事も无かったかのように
ただなにごともなかったかのように

君の声に気づきもせず季节は过ぎ去り
きみのこえにきづきもせずきせつはすぎさり
硬く重い幕は降りたよ さよならも无くて
かたくおもいまくはおりたよ さよならもなくて

予期せぬほどに影を落とした
よきせぬほどにかげをおとした
色づく前に摘み取られた果実
いろづくまえにつみとられたかじつ
不意に心を染め上げて行く
ふいにこころをそめあげてゆく
まるで时间が戻ったかのように
まるでじかんがもどったかのように

君は嬉しそうに はしゃぎ海辺に溶け合い
きみはうれしそうに はしゃぎうみべにとけあい
眩しすぎた阳射しの中を泳いで行った
まぶしすぎたひざしのなかをおよいでいった
几ら歳月が过ぎても记忆は刻まれ
いくらさいげつがすぎてもきおくはきざまれ
决して消えずに 仆を悩ます
けっしてきえずに ぼくをなやます


许されるのなら 微笑みかけてよ 许されるのなら
ゆるされるのなら ほほえみかけてよ ゆるされるのなら
あの夏まで歩いて波打つ砂浜へと 帰ろう
あのなつまであるいてなみうつすなはまへと かえろう

君は嬉しそうに はしゃぎ海辺に溶け合い
きみはうれしそうに はしゃぎうみべにとけあい
眩しすぎた阳射しの中を泳いで行った
まぶしすぎたひざしのなかをおよいでいった
この道を通るたびに君が突き刺さるよ
このみちにとおるたびにきみがつきささるよ
まるで胸から流れるように あふれだす
まるでむねからながれるように あふれだす



海邊

Preview Open KKBOX

Lyricist: hyde   Composer: tetsu




柔らかなその頬へとふれて
やわらかなそのほほへとふれて
优しい时间に浸されていたい
やさしいじかんにひたされていたい
もう一度あの海辺に戻り
もういちどあのうみべにもどり
ただ何事も无かったかのように
ただなにごともなかったかのように

君の声に気づきもせず季节は过ぎ去り
きみのこえにきづきもせずきせつはすぎさり
硬く重い幕は降りたよ さよならも无くて
かたくおもいまくはおりたよ さよならもなくて

予期せぬほどに影を落とした
よきせぬほどにかげをおとした
色づく前に摘み取られた果実
いろづくまえにつみとられたかじつ
不意に心を染め上げて行く
ふいにこころをそめあげてゆく
まるで时间が戻ったかのように
まるでじかんがもどったかのように

君は嬉しそうに はしゃぎ海辺に溶け合い
きみはうれしそうに はしゃぎうみべにとけあい
眩しすぎた阳射しの中を泳いで行った
まぶしすぎたひざしのなかをおよいでいった
几ら歳月が过ぎても记忆は刻まれ
いくらさいげつがすぎてもきおくはきざまれ
决して消えずに 仆を悩ます
けっしてきえずに ぼくをなやます


许されるのなら 微笑みかけてよ 许されるのなら
ゆるされるのなら ほほえみかけてよ ゆるされるのなら
あの夏まで歩いて波打つ砂浜へと 帰ろう
あのなつまであるいてなみうつすなはまへと かえろう

君は嬉しそうに はしゃぎ海辺に溶け合い
きみはうれしそうに はしゃぎうみべにとけあい
眩しすぎた阳射しの中を泳いで行った
まぶしすぎたひざしのなかをおよいでいった
この道を通るたびに君が突き刺さるよ
このみちにとおるたびにきみがつきささるよ
まるで胸から流れるように あふれだす
まるでむねからながれるように あふれだす