Lyricist: ハジ→   Composer: ハジ→


梅雨の终わりに君と出会った 俺には君が夏の太阳に思えた
君を知るまでの俺は 世の中なんてくだらないと 毎日を
汚い靴のまま土足で 踏み荒らすように生きてた
そんな中差し込んだ光 眩しくて突っ走るしかなかった
初めてのデートは渋谷 帰り道2人ずぶ濡れになりながら
満员电车に乗った 急に俺の胸にしがみついた君
そん时何があっても 守りてえって初めて思ったんだ
爱の意味なんて知らなかった俺が こんな気持ちになれるなんて
生まれて初めて 自分を人间らしく思えた瞬间でした
いつしか不安定な 俺の心の支えになってくれてた
覚えてるかな? 君の诞生日に柄にもねえ花束买ってって
素直に喜ぶ君の颜见て 照れ隠すので精一杯で

少しでも君を知りたくて 少しでも君を支えたくて
少しでも君の笑い声を闻きたくて
スミレの花言叶のような 小さな幸せ心に运んでくれる
君は一轮の爱さ 俺には君しかいないんだ

高岭の花に恋をした俺は 君を振り向かせたくて がむしゃらだった
他には何もいらなかった 君を思えばなんだって出来た
その先に君が待っててくれるって そう信じるだけで
つまらなかった日々が 嘘みたいに幸せに満ちていった
伤つけたこともあった 今思えば子供だった
すぎた过去は取り戻せないけど 心からあの时は本当にごめんよ
君が离れてくのがわかって 谛めようともした
他に幸せ探そうともしたけど 自分の気持ちには嘘つけなかった
君への想い溢れすぎて 前すら见えなくなってた
君が薄れてくのがイヤで 君を忘れるのが怖くて
毎日届くはずのない手纸を缀った日々
久々に闻いた君の声 受话器の向こう嬉しくて何も言えなかったよ

少しでも君を知りたくて 少しでも君を支えたくて
少しでも君の笑い声を闻きたくて
スミレの花言叶のような 小さな幸せ心に运んでくれる
君は一轮の爱さ 俺には君しかいないんだ

溢れるほどのこの思いが 君の元へ届くように
精一杯の気持ちを込めて この歌で奏でる音色
君に逢いたくて 少しでも爱されたくて
君は一轮の爱さ いつまでも俺は君を歌うよ

sumire。

Preview Open KKBOX

Lyricist: ハジ→   Composer: ハジ→


梅雨の终わりに君と出会った 俺には君が夏の太阳に思えた
君を知るまでの俺は 世の中なんてくだらないと 毎日を
汚い靴のまま土足で 踏み荒らすように生きてた
そんな中差し込んだ光 眩しくて突っ走るしかなかった
初めてのデートは渋谷 帰り道2人ずぶ濡れになりながら
満员电车に乗った 急に俺の胸にしがみついた君
そん时何があっても 守りてえって初めて思ったんだ
爱の意味なんて知らなかった俺が こんな気持ちになれるなんて
生まれて初めて 自分を人间らしく思えた瞬间でした
いつしか不安定な 俺の心の支えになってくれてた
覚えてるかな? 君の诞生日に柄にもねえ花束买ってって
素直に喜ぶ君の颜见て 照れ隠すので精一杯で

少しでも君を知りたくて 少しでも君を支えたくて
少しでも君の笑い声を闻きたくて
スミレの花言叶のような 小さな幸せ心に运んでくれる
君は一轮の爱さ 俺には君しかいないんだ

高岭の花に恋をした俺は 君を振り向かせたくて がむしゃらだった
他には何もいらなかった 君を思えばなんだって出来た
その先に君が待っててくれるって そう信じるだけで
つまらなかった日々が 嘘みたいに幸せに満ちていった
伤つけたこともあった 今思えば子供だった
すぎた过去は取り戻せないけど 心からあの时は本当にごめんよ
君が离れてくのがわかって 谛めようともした
他に幸せ探そうともしたけど 自分の気持ちには嘘つけなかった
君への想い溢れすぎて 前すら见えなくなってた
君が薄れてくのがイヤで 君を忘れるのが怖くて
毎日届くはずのない手纸を缀った日々
久々に闻いた君の声 受话器の向こう嬉しくて何も言えなかったよ

少しでも君を知りたくて 少しでも君を支えたくて
少しでも君の笑い声を闻きたくて
スミレの花言叶のような 小さな幸せ心に运んでくれる
君は一轮の爱さ 俺には君しかいないんだ

溢れるほどのこの思いが 君の元へ届くように
精一杯の気持ちを込めて この歌で奏でる音色
君に逢いたくて 少しでも爱されたくて
君は一轮の爱さ いつまでも俺は君を歌うよ