Lyricist: ひとしずくP・やま△   Composer: ひとしずくP・やま△


焼けた野原に伫む子供
无力なその手で 墓を掘り続ける

戦场の迹で 名も知らぬ少年と
残った躯达に土を被せた

夺い、夺われ 残った绝望
憎み合う果てに
冷えた骸を抱いて
温かな瞳が闭じていくその度、
咽び泣いた

儚く散った命を 叹きながら、ただ吊う
この手では 何を守れるだろう
终わりなき争いをいつか止めるその为に
争いを ともに、无くすその为に、
生きよう

心の中、见せ合って愈えぬ伤も分かち合った
信じて 君と语り合った
幼き日の约束を この手で叶えると誓って

过去を忘れて 时は流れる
血涂られた系谱は いつまで続くのか

夺われし地で 希望を掲げ剣を抜く
交わした刃の先 懐かしい君がいた

あの日の君を 信じて进んで
探し続けていた
今、目の前の君と
面影をやっと见つけて
仆ら、戦うなんて

溢れ出した涙を拭いもせず 刃を向く
偿いを许されるのなら
灭ぼされたその未来を、国を、返せと叫んで
その未来を、君を、守ると叫んで

言叶はもう、届かずに その刃を受け続ける
信じて 君を待ち続けた
幼き日の约束は 果たされぬままに 消えていった

儚く散った涙を、残した芽を、明日へ繋ぐ
命赌して、报われぬのなら
君と见てた梦の未来を守り、果たす その为に、
梦の未来を夺い、舍てるその为に、
戦う

心さえも欺いて 君のもとへ刃を向く
信じて 君を待ち続ける
愚かな日の约束を
この手で叶えるその时まで

亡国のネメシス

Preview Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP・やま△   Composer: ひとしずくP・やま△


焼けた野原に伫む子供
无力なその手で 墓を掘り続ける

戦场の迹で 名も知らぬ少年と
残った躯达に土を被せた

夺い、夺われ 残った绝望
憎み合う果てに
冷えた骸を抱いて
温かな瞳が闭じていくその度、
咽び泣いた

儚く散った命を 叹きながら、ただ吊う
この手では 何を守れるだろう
终わりなき争いをいつか止めるその为に
争いを ともに、无くすその为に、
生きよう

心の中、见せ合って愈えぬ伤も分かち合った
信じて 君と语り合った
幼き日の约束を この手で叶えると誓って

过去を忘れて 时は流れる
血涂られた系谱は いつまで続くのか

夺われし地で 希望を掲げ剣を抜く
交わした刃の先 懐かしい君がいた

あの日の君を 信じて进んで
探し続けていた
今、目の前の君と
面影をやっと见つけて
仆ら、戦うなんて

溢れ出した涙を拭いもせず 刃を向く
偿いを许されるのなら
灭ぼされたその未来を、国を、返せと叫んで
その未来を、君を、守ると叫んで

言叶はもう、届かずに その刃を受け続ける
信じて 君を待ち続けた
幼き日の约束は 果たされぬままに 消えていった

儚く散った涙を、残した芽を、明日へ繋ぐ
命赌して、报われぬのなら
君と见てた梦の未来を守り、果たす その为に、
梦の未来を夺い、舍てるその为に、
戦う

心さえも欺いて 君のもとへ刃を向く
信じて 君を待ち続ける
愚かな日の约束を
この手で叶えるその时まで