Lyricist: 利根川貴之   Composer: 利根川貴之・坂和也


何に流されて ここまで来たのか
古い伤迹やけに痛むな 悲しみの予感

震え立つ怒り 背中に隠して
冷静になれ 頼れる奴は あんたしかいねえ
男の纯な心に 付け入る辈 ケジメさつけやしょう!

罪と罚 无様 无様 无様な铅の弾
一瞬の火花で燃えたぎる
不器用 愚か 愚か 愚かな 红莲の华
破れ散ることも恐れないで ただひたすら仁の道を进めよ

杯の绊 地狱の果てまで
深い伤迹胸に残して 散りそうなその时

お前の事なんて すべて御见通し
救い出すのはあたりまえだろ ちと遅くなった

男の命捧げた それ笑うヤツは 白黒つけやしょう!

情けねぇ 无様 无様 无様な生き様でも
あんたの为ならかまわない
男は 愚か 愚か 愚かに见られても
ひとり旅立つこと迷わずに ただひたすら仁の道を进めよ

「坊、亲分さんがいなくなった今、
龙田组を背负っていけるのは若头のあんたしかいねえ」
「いまだに坊ちゃん扱いされる若头に、そんな器があるのかね」
「器があるかないかじゃねえ。やるかやらないかよ」
「なぁ、风间。亲父の仇を取ってくれねえか。
あんたしか頼れる奴がいねえんだよ」
「亲分さんに受けた恩を忘れちゃいやせん。
この龙田组、守り通してみせやしょう」

背中が鸣いて叫ぶよ 畜生どもに ケジメをつけろと

男は 无様 无様 无様な铅の弾
一瞬の火花で燃えたぎる
不器用 愚か 愚か 愚かな 红莲の华
破れ散ることも恐れないで ただひたすら仁の道を进めよ
ただひたすら仁の道を进むよ

Buzama

Preview Open KKBOX

Lyricist: 利根川貴之   Composer: 利根川貴之・坂和也


何に流されて ここまで来たのか
古い伤迹やけに痛むな 悲しみの予感

震え立つ怒り 背中に隠して
冷静になれ 頼れる奴は あんたしかいねえ
男の纯な心に 付け入る辈 ケジメさつけやしょう!

罪と罚 无様 无様 无様な铅の弾
一瞬の火花で燃えたぎる
不器用 愚か 愚か 愚かな 红莲の华
破れ散ることも恐れないで ただひたすら仁の道を进めよ

杯の绊 地狱の果てまで
深い伤迹胸に残して 散りそうなその时

お前の事なんて すべて御见通し
救い出すのはあたりまえだろ ちと遅くなった

男の命捧げた それ笑うヤツは 白黒つけやしょう!

情けねぇ 无様 无様 无様な生き様でも
あんたの为ならかまわない
男は 愚か 愚か 愚かに见られても
ひとり旅立つこと迷わずに ただひたすら仁の道を进めよ

「坊、亲分さんがいなくなった今、
龙田组を背负っていけるのは若头のあんたしかいねえ」
「いまだに坊ちゃん扱いされる若头に、そんな器があるのかね」
「器があるかないかじゃねえ。やるかやらないかよ」
「なぁ、风间。亲父の仇を取ってくれねえか。
あんたしか頼れる奴がいねえんだよ」
「亲分さんに受けた恩を忘れちゃいやせん。
この龙田组、守り通してみせやしょう」

背中が鸣いて叫ぶよ 畜生どもに ケジメをつけろと

男は 无様 无様 无様な铅の弾
一瞬の火花で燃えたぎる
不器用 愚か 愚か 愚かな 红莲の华
破れ散ることも恐れないで ただひたすら仁の道を进めよ
ただひたすら仁の道を进むよ