流星

Lyricist: 清春    Composer: 清春

口红を指先で遅く触った
化粧は逃げ回る壁の镜 暗くて

色彩は揺れ合うよ 选べるほどに
话してた事は梦また梦に 変わるよ

光る流星 追い越した 笑ってね、ああ确か
寄り添うと目が合えば 数えた距离 忘れてゆくよ 君とこうして

Siriusを爱して これさえ知った
交わした未来はDaystar light覆って
なだらかなKissと后は流星 视界を揺らした
二十を爱して それさえ切った
流した涙 Daystar light追って
もっと长いくちづけをしたくて 手を取った Ah

嫌う天性 消え去るよ 高い壁届いたね
ただそっと 分け合って 重ねた爱抚、报われゆくよ 君はそして

Siriusを指して 梦さえあった
交わした未来はDaystar light覆って
なだらかなKissよ、まるで流星 视界を揺らした
「二十を爱して」それさえ言った
交わした涙 Daystar light追って
あとは长いKissを书き足したくて 手を取った Ah