ミスルトウ〜転生の宿り木〜

Preview

Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP・やま△   Composer: ひとしずくP・やま△


繋いだ心が 惹かれ合うほど
愈えぬ伤迹が 魂を震わせて
ともに羽ばたく空を壊した

红い夕日が沈んでいく
空の境を越えて
青い羽を広げ
心のままに 远く、飞んでいけたら……

宿り木の楽园は 阴と阳の世界
枝の下 木漏れ日の影には、暗い暗
定められし邂逅は 夺い合う宿命を背负い
空を焼いて 大地を屠り
【不吉】を呼び覚ます

繋いだ心が 惹かれ合うほど
愈えぬ伤迹が 魂を震わせて
络まる指を解いた
运命の楔が打ち込まれても
いつか暁の空の果てに
ともに羽ばたく明日を信じて……

长い遗恨の时を越えて
憎み合った鸟は 羽を寄せ合い
さえずりに 切に愿い込めて
手を取り合えば
そっと宿り木を飞び立った

永远に争い続く系谱に 抗いて
羽を寄せ许し合う 気高き朱と青
されど时の运命は残酷な调べを好み
【优しい嘘の咎】を背负う朱き羽を 堕とす

违えた心が 许し合うほど
【见えぬ灾い】が 绝望を呼び寄せて
触れた羽を 引き裂いた
哀しい运命は 覆らない?
朱き吊いの怒れる火が
ともに羽ばたく梦を燃やした……

叹いて 叫んで さえずりは枯れて
热き滴りが 止めどなく流れても
冷たい頬は溶かせない
消された炎は もう戻らない
愈えぬ赎罪を胸に抱いて
深い真実の暗へ 堕ちていく

叹きの炎が 心を焼いて
揺れる魂が 眠りから目を覚まし
绝望にもがき泣いても
哀しい运命は 覆らない
青き吊いのを夜明けを背に
君と戦う空へ 飞び立つ……