Lyricist: ひとしずくP・やま△   Composer: ひとしずくP・やま△


宵暗のホールの 煤けた幕が上がる
名も知らぬ谁かと 恋の戯曲を纺ぐ
孤独な森の中で 妖艶に舞う獣
未熟な狩人の手は 容易く捕らわれた

深まる暗に呑み込まれて
始まる魅惑のFantasy
惑わすように 揺らめく瞳
络み合う獣のように 喰らいついて

高鸣る鼓动の音 悟られぬように刻んで
震える声に灯らせた 拙い爱の矢を放つ
心は隠したまま 一夜の热に荡けて
重ねた口づけの中へ 甘く呑み込ませていくBeastly Love

宵暗のホールで 新たな幕を上げる
烂れた恋の戯曲は 一夜限りのStory
募る思いを告げても 君はさらりといなす
未熟な狩人の矢は 今宵も刺さらない

繋がる夜のその先へは
いけない 孤独のLabyrinth
游びのままで 本気のままでいさせて……
交わらない 恋の热量

闭ざした心の奥 本当の君を探して
伪りない爱の言叶が 突き刺さるまで君を射る
心は繋がぬまま ただ快楽に绊されて?
儚い爱の睦言は 暁に消されていくFalse Love

闭ざした心の奥 臆病な私を、见ないで
夜に逃げ込んだ獣は 暁の光が怖いの
未熟な狩人の矢は 何度も的を外して
それでも 君が笑うまで 优しい朝に色づく矢を射よう

高鸣る鼓动の音 ためらわずに响かせて
震える手で抱きしめたら 拙い爱で君を恋う
隠した心の奥 优しいその手に委ねて
少しずつ暴かれてゆく 暁に煌めいたInnocent Love

Association actress - hunter and beast -

Preview Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP・やま△   Composer: ひとしずくP・やま△


宵暗のホールの 煤けた幕が上がる
名も知らぬ谁かと 恋の戯曲を纺ぐ
孤独な森の中で 妖艶に舞う獣
未熟な狩人の手は 容易く捕らわれた

深まる暗に呑み込まれて
始まる魅惑のFantasy
惑わすように 揺らめく瞳
络み合う獣のように 喰らいついて

高鸣る鼓动の音 悟られぬように刻んで
震える声に灯らせた 拙い爱の矢を放つ
心は隠したまま 一夜の热に荡けて
重ねた口づけの中へ 甘く呑み込ませていくBeastly Love

宵暗のホールで 新たな幕を上げる
烂れた恋の戯曲は 一夜限りのStory
募る思いを告げても 君はさらりといなす
未熟な狩人の矢は 今宵も刺さらない

繋がる夜のその先へは
いけない 孤独のLabyrinth
游びのままで 本気のままでいさせて……
交わらない 恋の热量

闭ざした心の奥 本当の君を探して
伪りない爱の言叶が 突き刺さるまで君を射る
心は繋がぬまま ただ快楽に绊されて?
儚い爱の睦言は 暁に消されていくFalse Love

闭ざした心の奥 臆病な私を、见ないで
夜に逃げ込んだ獣は 暁の光が怖いの
未熟な狩人の矢は 何度も的を外して
それでも 君が笑うまで 优しい朝に色づく矢を射よう

高鸣る鼓动の音 ためらわずに响かせて
震える手で抱きしめたら 拙い爱で君を恋う
隠した心の奥 优しいその手に委ねて
少しずつ暴かれてゆく 暁に煌めいたInnocent Love