Lyricist: 有機酸   Composer: 有機酸


「そこのお姉さんちょっとお时间ございますか」
鸦まがいの軽薄男性 公然 猥亵 不束 态度 二等兵
「ココロのスキマをお埋めします」
とかどっかできいた台词吐いた舌に
银のピアス アスペルガー 喰えるか

人混みゴミゴミした街だって
思って歩い歩いて歩き疲れて
気付けばあたしがゴミになってて
出会った清扫员と连れ添って
贳った幸せの分働いて
あたしの名前はなんだっけ

あなたはさ 笑うとさ かわいいな
ああもう 嫌って程に
できればさ そこからさ 出ないでね
あなたはさ 笑うとさ かわいいな
ああもう 嫌って程に

见てるだけ ただ见てるだけ

切れた电球を眺めて 溜息ついた
暧昧な脳内迷路を行ったり来たりだ
ウッドペッカーは夜泣く
あたしじゃない あたしじゃないな
壁の向こうから手を振った
月を见ているあなたにおやすみ

昨日のあたしは谁かにとっての
大事な何かになれますか
そんなのいいからこっち向いててよ
排気ガス吸い込んで饮み込んだ
タール5 √3 いいでしょ どうでも
谁か褒めてくれよって そりゃないよな

「饴玉ひとつ分だけだから」
フォークの先で抉り取っていた
レイヤーの隅に追いやられてもさ
明日会ったら何を话そうか
一度だったら许されるのかは
あなたに心を返した后に
一人砂漠に问う

あなたはさ 笑うとさ 可爱いな
ああもう嫌ってほどに
いい加减 腹が立つ くらいにさ
触れる距离にいないなら
当たり前になっちゃうくらいなら
あたし 暗い巣穴でかくれんぼ
致しましょう

切れた唇でキスして 家路についた
大丈夫になるまでここで休んでいきなよ
嘘つきってこと知ってて
嫌いじゃない 嫌いじゃないな
强く降る雨が 窓をたたいて
ミシミシと 心が轧む

切れた电球を眺めて 溜息ついた
冷静考えてみれば よくある话だ
ウッドペッカーは夜泣く
素直じゃない素直じゃないな
壁の向こうから手を振った
月を见ているあなたにおやすみ

The woodpecker cries at night

Preview Open KKBOX

Lyricist: 有機酸   Composer: 有機酸


「そこのお姉さんちょっとお时间ございますか」
鸦まがいの軽薄男性 公然 猥亵 不束 态度 二等兵
「ココロのスキマをお埋めします」
とかどっかできいた台词吐いた舌に
银のピアス アスペルガー 喰えるか

人混みゴミゴミした街だって
思って歩い歩いて歩き疲れて
気付けばあたしがゴミになってて
出会った清扫员と连れ添って
贳った幸せの分働いて
あたしの名前はなんだっけ

あなたはさ 笑うとさ かわいいな
ああもう 嫌って程に
できればさ そこからさ 出ないでね
あなたはさ 笑うとさ かわいいな
ああもう 嫌って程に

见てるだけ ただ见てるだけ

切れた电球を眺めて 溜息ついた
暧昧な脳内迷路を行ったり来たりだ
ウッドペッカーは夜泣く
あたしじゃない あたしじゃないな
壁の向こうから手を振った
月を见ているあなたにおやすみ

昨日のあたしは谁かにとっての
大事な何かになれますか
そんなのいいからこっち向いててよ
排気ガス吸い込んで饮み込んだ
タール5 √3 いいでしょ どうでも
谁か褒めてくれよって そりゃないよな

「饴玉ひとつ分だけだから」
フォークの先で抉り取っていた
レイヤーの隅に追いやられてもさ
明日会ったら何を话そうか
一度だったら许されるのかは
あなたに心を返した后に
一人砂漠に问う

あなたはさ 笑うとさ 可爱いな
ああもう嫌ってほどに
いい加减 腹が立つ くらいにさ
触れる距离にいないなら
当たり前になっちゃうくらいなら
あたし 暗い巣穴でかくれんぼ
致しましょう

切れた唇でキスして 家路についた
大丈夫になるまでここで休んでいきなよ
嘘つきってこと知ってて
嫌いじゃない 嫌いじゃないな
强く降る雨が 窓をたたいて
ミシミシと 心が轧む

切れた电球を眺めて 溜息ついた
冷静考えてみれば よくある话だ
ウッドペッカーは夜泣く
素直じゃない素直じゃないな
壁の向こうから手を振った
月を见ているあなたにおやすみ