黄昏を遊ぶ猫

Lyricist: 谷中敦    Composer: 川上つよし

黄昏を游ぶ猫
晴れた日の蒸発で

去年までは无邪気に
笑っていたけれど

地球仪を廻してみても
世界は空回りで

こんなことは
许されないから
谁か助けにきて

倾いたテーブルに
転がったビー玉も

谜めいた小说の
难解なエピローグ
不条理な悲しみよ

伤つけてしまったの
透明な欠片で

故意でもなく
狂わせた歯车
时间を巻き戻して

透明な幸せは
割れると危険物で

転がったビー玉は
地球とは関系ない

大切にしてた猫
どうか帰ってきて