Lyricist: ET-KING   Composer: ET-KING


天下御免のかぶき者 开ければ良く回る酒と
歌に踊りにハッタリに あーとはおまえの笑颜がえぇ
悲しい涙は置いといて お目目をパッチリあけんさい
今宵も俺らは呗います ヨッ

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

1つ数えて 天下の话 2つ数えて 喧哗の话
3つ数えて 女の话が涌いてくるのが世の常か
ってそんなうまい话があったなら わしらどこにもいやせんよ
今夜も一番つかむ为 意地と意地とで晴らす为
男一本筋通す 一人当千(いちにんとうせん) 见るがよい

そら赤く染まりゆく 大空地を这う人々
皆足早 踊る业火に揺れる心响く友の声
闻き舍てならんと奋い立つ 热い鼓动涌く 1人の男
今宵背中にかぶき でかい爱と夸りを身にまとい
天下分け目の大胜负 今から行くから待っとけや

见上げる西の空に烟 あざわらうかの様にのぼり
おとぎ话や梦は二の次に 我が先よと急ぐよ真っ先に
そこどきな お通りだ どめきな 胜负だ
天から见下ろす行く末に 泥と欲にまみれた人の波
明日は明日の风が吹く 今宵も夜通し腕が鸣る

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

ボウボウ一瞬で火の海 パンパン上がる火の怒り
段々 一面広がり 火の粉はびこる次から次へ
戦始まり震い立つ 立つ立つ己の名をあげろ
一番手になったら男や 三日月酒のあてそうりゃ
本能剥き出しそうりゃ 天下の名のもと騒げやそうりゃ

舞い上がれ 天下を揺らせ 揺らせ 騒げ 騒动起こす
鼓动响くさながら狂喜乱舞 激しく舞う火に身を投じ
涌かす闘志 握りぶしは高くそう上げよ!さぁ夜を彻し
今まさに声张れ この时戦の华となれ
一つ二つ重ね合わせ バカでかい内なる大轮を咲かせ

まわるまわる豪华に踊る世の中
めぐりめぐり廻ってテメーの番てか?
谁が言ったか世も末か
1人の男挑む天下

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

Yei, Yei Yei, Yei, Yei, Yei
Yei, Yei, Yei, Yei Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei

纒 - ~花の慶次バージョン~

Preview Open KKBOX

Lyricist: ET-KING   Composer: ET-KING


天下御免のかぶき者 开ければ良く回る酒と
歌に踊りにハッタリに あーとはおまえの笑颜がえぇ
悲しい涙は置いといて お目目をパッチリあけんさい
今宵も俺らは呗います ヨッ

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

1つ数えて 天下の话 2つ数えて 喧哗の话
3つ数えて 女の话が涌いてくるのが世の常か
ってそんなうまい话があったなら わしらどこにもいやせんよ
今夜も一番つかむ为 意地と意地とで晴らす为
男一本筋通す 一人当千(いちにんとうせん) 见るがよい

そら赤く染まりゆく 大空地を这う人々
皆足早 踊る业火に揺れる心响く友の声
闻き舍てならんと奋い立つ 热い鼓动涌く 1人の男
今宵背中にかぶき でかい爱と夸りを身にまとい
天下分け目の大胜负 今から行くから待っとけや

见上げる西の空に烟 あざわらうかの様にのぼり
おとぎ话や梦は二の次に 我が先よと急ぐよ真っ先に
そこどきな お通りだ どめきな 胜负だ
天から见下ろす行く末に 泥と欲にまみれた人の波
明日は明日の风が吹く 今宵も夜通し腕が鸣る

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

ボウボウ一瞬で火の海 パンパン上がる火の怒り
段々 一面広がり 火の粉はびこる次から次へ
戦始まり震い立つ 立つ立つ己の名をあげろ
一番手になったら男や 三日月酒のあてそうりゃ
本能剥き出しそうりゃ 天下の名のもと騒げやそうりゃ

舞い上がれ 天下を揺らせ 揺らせ 騒げ 騒动起こす
鼓动响くさながら狂喜乱舞 激しく舞う火に身を投じ
涌かす闘志 握りぶしは高くそう上げよ!さぁ夜を彻し
今まさに声张れ この时戦の华となれ
一つ二つ重ね合わせ バカでかい内なる大轮を咲かせ

まわるまわる豪华に踊る世の中
めぐりめぐり廻ってテメーの番てか?
谁が言ったか世も末か
1人の男挑む天下

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

丑三つ时に燃える火 駆けつけて上げる叫び
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 胜利をかかげろ騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

Yei, Yei Yei, Yei, Yei, Yei
Yei, Yei, Yei, Yei Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei, Yei