Lyricist: 秋元康   Composer: 外山大輔


桟桥から离れてく古びたフェリーが
沈む太阳の影になっている
金(きん)の羽根が浮かんだ海を分ける波の轨迹がゆっくり
君への想いを引きずってく

都会の暮らしはやっぱり好きになれないって
ため息つきながら言っていたのに
静かな故郷(ふるさと)で少し休んで
君は戻ってしまうんだね
长い髪を束ねながら

やさしい言叶で引き止めるよりも
目を细めて见送ろう

帰る场所ならここにある
仆は待っているよ
もしも伤つき疲れたら
Uターンして来るんだ
君の近くに爱はある
この街でまた暮らし始めよう
いつの日にか

また今日も港へと近づくフェリーが
升る太阳の光 照らされて
デッキの上 まばらな人影が谁かの姿を见つけて
安心したように手を振る

潮の匂いがする风に吹かれていないと
何だか落ち着かない気がするだろう
车のクラクション耳を塞いで
君は窓闭めてしまった
波の音が恋しいはず

そんなに一人で顽张っていても
心折れてしまうから

梦はここでも见られるよ
そっと瞳闭じて
何が不幸でしあわせか
微笑みの回数だろう
仆も一绪に手を振ろう
桟桥にまた迎えに行くよ
いつもの场所

そんなに难しく考えないで
同窓会に来たように…

帰る场所ならここにある
仆は待っているよ
もしも伤つき疲れたら
Uターンして来るんだ
君の近くに爱はある
この街でまた暮らし始めよう
いつの日にか

フェリー/Team BII

Preview Open KKBOX

Lyricist: 秋元康   Composer: 外山大輔


桟桥から离れてく古びたフェリーが
沈む太阳の影になっている
金(きん)の羽根が浮かんだ海を分ける波の轨迹がゆっくり
君への想いを引きずってく

都会の暮らしはやっぱり好きになれないって
ため息つきながら言っていたのに
静かな故郷(ふるさと)で少し休んで
君は戻ってしまうんだね
长い髪を束ねながら

やさしい言叶で引き止めるよりも
目を细めて见送ろう

帰る场所ならここにある
仆は待っているよ
もしも伤つき疲れたら
Uターンして来るんだ
君の近くに爱はある
この街でまた暮らし始めよう
いつの日にか

また今日も港へと近づくフェリーが
升る太阳の光 照らされて
デッキの上 まばらな人影が谁かの姿を见つけて
安心したように手を振る

潮の匂いがする风に吹かれていないと
何だか落ち着かない気がするだろう
车のクラクション耳を塞いで
君は窓闭めてしまった
波の音が恋しいはず

そんなに一人で顽张っていても
心折れてしまうから

梦はここでも见られるよ
そっと瞳闭じて
何が不幸でしあわせか
微笑みの回数だろう
仆も一绪に手を振ろう
桟桥にまた迎えに行くよ
いつもの场所

そんなに难しく考えないで
同窓会に来たように…

帰る场所ならここにある
仆は待っているよ
もしも伤つき疲れたら
Uターンして来るんだ
君の近くに爱はある
この街でまた暮らし始めよう
いつの日にか