Lyricist: 太志   Composer: 太志

风が包みこんだ大きな木の下で 仆は梦を歌おう
四叶のクローバーを ひとり探し歩いた顷の梦を
胸の奥で点灭する寂しさだけが 道を照らしてた
光を待ちくたびれると いつも それだけが道を照らしてた
あなたに出逢い 分かり合えた 一つ一つの夜を分かち合えた
通じ合うのは言叶じゃない 互いの胸に秘めてる孤独さ
虚势を张り続けるこの唇を あなたは优しく抚でてくれた
やっと仆は仆でいられた

聴かれなかった歌は こぼれてく涙は
空と大地が受け止めてくれてた
人は「ひとり」だって 信じて生きてきた
あなたに出逢うまでは ずっと

今の自分のままで 人を爱す勇気がなかったから弱さを隠し
本当の自分が见えなくなるくらい 远くまで走ろうとしたんだ

絵の中の青を切り取って 自分の空に贴り付けたりして
もっと青い空が欲しい そう愿うのはみんな一绪だね
笑颜は作るもんじゃない 心の渊からこぼれるもんだね
感谢はしようとするもんじゃない 自然と涌きあがるもんだね
人よりも もっと幸せであらねばと いつの间にか思ってた
比べることのできないものまでも比べて 锁を身につけた
痛みが远くの方で泣く声がしたから レンズを覗いた
优れる者だけが爱されていた

探そうと思ったら 人间なんてのは 欠点だらけの生き物さ
爱される理由がなくて 自分を探した 仆は少し间违えていたね

行くあてもないまま 漂うようにして
いつも「ひとり」を选んできた
笑颜も喜びも 触れ合いの内侧から
咲きこぼれてゆくものなのに

伤のない场所なら こんなにもあるのに
向き合うことから逃げてきた
全てに目を伏せて このまぶたの里に 完璧な世界を描いたけど
瞬きの向こうに 爱を探した时 祈りが一滴こぼれた
か细い亲指で 拭ってくれたのは 伤だらけのあなたでした

风が包み込んだ 大きな木の下で あなたと二人でいよう
眠りにつくあなたの やわらかいまぶたに 静かにキスを落とそう

garnet - Album Version

Preview Open KKBOX

Lyricist: 太志   Composer: 太志

风が包みこんだ大きな木の下で 仆は梦を歌おう
四叶のクローバーを ひとり探し歩いた顷の梦を
胸の奥で点灭する寂しさだけが 道を照らしてた
光を待ちくたびれると いつも それだけが道を照らしてた
あなたに出逢い 分かり合えた 一つ一つの夜を分かち合えた
通じ合うのは言叶じゃない 互いの胸に秘めてる孤独さ
虚势を张り続けるこの唇を あなたは优しく抚でてくれた
やっと仆は仆でいられた

聴かれなかった歌は こぼれてく涙は
空と大地が受け止めてくれてた
人は「ひとり」だって 信じて生きてきた
あなたに出逢うまでは ずっと

今の自分のままで 人を爱す勇気がなかったから弱さを隠し
本当の自分が见えなくなるくらい 远くまで走ろうとしたんだ

絵の中の青を切り取って 自分の空に贴り付けたりして
もっと青い空が欲しい そう愿うのはみんな一绪だね
笑颜は作るもんじゃない 心の渊からこぼれるもんだね
感谢はしようとするもんじゃない 自然と涌きあがるもんだね
人よりも もっと幸せであらねばと いつの间にか思ってた
比べることのできないものまでも比べて 锁を身につけた
痛みが远くの方で泣く声がしたから レンズを覗いた
优れる者だけが爱されていた

探そうと思ったら 人间なんてのは 欠点だらけの生き物さ
爱される理由がなくて 自分を探した 仆は少し间违えていたね

行くあてもないまま 漂うようにして
いつも「ひとり」を选んできた
笑颜も喜びも 触れ合いの内侧から
咲きこぼれてゆくものなのに

伤のない场所なら こんなにもあるのに
向き合うことから逃げてきた
全てに目を伏せて このまぶたの里に 完璧な世界を描いたけど
瞬きの向こうに 爱を探した时 祈りが一滴こぼれた
か细い亲指で 拭ってくれたのは 伤だらけのあなたでした

风が包み込んだ 大きな木の下で あなたと二人でいよう
眠りにつくあなたの やわらかいまぶたに 静かにキスを落とそう