青空

Lyricist: RYO-Z/ILMARI/PES/SU/Nami Miyahara     Composer: DJ FUMIYA

青空 云间に 手を伸ばして
光を浴びながら口ずさもう
明日もきっと良い日になるよ
全ては自分(ここ)から始まる

突き抜けるようなピーカンの晴间
かと思いきやいきなり土砂降りの雨が
気分次第でコロコロ移りゆく
仆の空模様
今日も君は游びに来てくれる
カサも差さずに ふらりと

雨降れば
地固まるだろうけど
见てこれ
ずぶ濡れの俺は
この先どうしたらいいの?
さみしいよ。
涙目に重なるグレーのビルディング
空はビューティフル
赏味期限切れの人々
柑橘系の时は终わり
変わらなきゃって
変わらなく思うけども…

何だか今が急に怖くなって
通い惯れた道が分からなくなったの

「夜空が暗くて见えない时
月明かりを探して进めば
どんな时も1人じゃない」って
その事を思い出したよ

见えるものすべて今日は朗らか
やけに鲜明 风は穏やか
谁もいない 何もしない
成り行き任せのままでいたい
何処に行こうかなんてぼんやりと
ただありがたいんだねこんなにも
闭じたままのスケジュール帐
テンポはメロウで街中スローダウン

见知らぬ街で自分探し
たずねる土地 迷い込む路地
真昼の月と一番星
昼夜あやふや不思议な気持ち
入り组んだ毎日みたいな里道抜け
背负ったバッグを舍て
いつの日か见上げてみたなら
そこにあるのは今日と同じ空かな 呜呼…

ヒラヒラ舞った花に想いを乗せて
あの星の向こうまで届きます様に

ありがとう さよならを言いながら
笑ったり泣いたり 缲り返して
全てにきっと意味があるなら
今を精一杯生きよう

何だか今が急に怖くなって
通い惯れた道が分からなくなったの

「夜空が暗くて见えない时
月明かりを探して进めば
どんな时も1人じゃない」って
その事を思い出したよ