ハチミツ 〜Daddy,Daddy〜

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 街頭塗鴉   Composer: 街頭塗鴉


小学生にあがる过程、棚の上から二番目、蜂蜜の瓶を溢して
パパに言われ、「割れた」っけな~
ソワしないで筑ってく毎日、一体何を大事にすればいいのか?分からなくなっていた
もんぺとら気强がり、背伸びしたって仆は仆なのに、小さなかずだけが増えてるのに
仕事から帰り、そのままベットに沈む、好きな人にも会えずに、ただ眠りにつくだけ
认められるような大人になれる为には、もっと、もっと顽张らくちゃ~
でも、仆の心は右へしてた、蜂蜜色の朝がやさしい风を冷たき
「完璧じゃなくていいよ」、そう言われてるような気がした

全てが巧く行く时も、何も巧くいかぬ时も、歩みを止めない、なんて不自然だ
涙の訳はそれぞれにあり、人から见たらとても小さい、事だ足りする
买い物がいい、いい物だなんて、何时も头の中にあるいて
気を落としてしまう、沢山の偶然、当たり前に感じる事、日が升り进む事
その当たり前に感谢しょう、ありがとう
もしも、あの夕暮れにねぐらが付いたとして、どうかのぼる日あったら
人がその素晴らしさをやっと认めるのでしょう

透き通る夜空、キラキラと光る言叶、疲れた心を乗せた、真夜中の周りをごらん
时には立ち止り、疲れたその羽を休めなさい、休めなさい
君はまた旅立つのだから、蜂蜜色の朝がやさしい风を连れて来る
过去良くなくていいよ、頬を抚でて行くメッセジ
天国からのメッセジ

小学生の顷とはもう违うよ
棚一番上の段、蜂蜜の瓶をもう溢さないで取れるようになったよ