Lyricist: TAKURO    Composer: TAKURO

何不自由のない暮らしだな だけど何か満たされぬ
そんな夜もあるだろう そんな夜もあるだろう
何を恐れているのかも わからず街を飞びだした
必死でつかもうとしている 栄光は大きな意味を

明日に投げかけたとしても 望まない结末もある
缲り返す暮らしの中で 避けられぬ命题を今 背负って 迷って もがいて 真夜中
出口を探している 手探りで

赛を振る时は访れ 人生の岐路に伫む
共に见た数々の梦を 追いかけ汗を流す仲间もいたな
声を上げ駆ける少年を 振り返る余裕すらなく
擦り切れた若さの残り火 この胸にくすぶらせている 「未だ 夜明けは远く」

「生きてゆく为の贤さを 今ひとつ持てずにいるの」と
谁かがふいにボヤいても それはみんな同じだろう
细やかな喜びの为に いくばくかの情を舍てた时
梦を大事にしろよなんて いつからか言えなくなっていた

独りにはなりたくないと 泣き濡れた夜もあったな…
あの日々の2人がなぜに こんなにも爱しく见える ずいぶん远くへずっと远くへ
2人肩をならべて歩んだけれど

爱は爱のままじゃいられず いつか形を変えるだろう
共に生きる家族 恋人よ 仆はうまく爱せているのだろうか
よくできた解答の果てに 悩みぬく世の中はなぜ?
平凡で手アカのついた言叶でも 爱してると伝えてほしい

亲の言叶も聴こえなくなるほど 远くに来ました 幼い顷の子守歌を手に

夜明け前 独りで高速を走った 过ぎゆく景色 季节 思い愤り全てを越えてみたくて

赛を振る时は访れ 人生の岐路に伫む
今いる自分を支えてくれた人 この歌が聴こえてるだろうか?
祈るような毎日の中で もっと强く生きてゆけと
少しだけ弱気な自分を励ます もう戻れぬあの日の空

人の优しさに触れた时 なぜか想い出す事がある
初めて独り歩き出した 幼い仆を见つめるその爱

pure soul

Preview Open KKBOX

Lyricist: TAKURO    Composer: TAKURO

何不自由のない暮らしだな だけど何か満たされぬ
そんな夜もあるだろう そんな夜もあるだろう
何を恐れているのかも わからず街を飞びだした
必死でつかもうとしている 栄光は大きな意味を

明日に投げかけたとしても 望まない结末もある
缲り返す暮らしの中で 避けられぬ命题を今 背负って 迷って もがいて 真夜中
出口を探している 手探りで

赛を振る时は访れ 人生の岐路に伫む
共に见た数々の梦を 追いかけ汗を流す仲间もいたな
声を上げ駆ける少年を 振り返る余裕すらなく
擦り切れた若さの残り火 この胸にくすぶらせている 「未だ 夜明けは远く」

「生きてゆく为の贤さを 今ひとつ持てずにいるの」と
谁かがふいにボヤいても それはみんな同じだろう
细やかな喜びの为に いくばくかの情を舍てた时
梦を大事にしろよなんて いつからか言えなくなっていた

独りにはなりたくないと 泣き濡れた夜もあったな…
あの日々の2人がなぜに こんなにも爱しく见える ずいぶん远くへずっと远くへ
2人肩をならべて歩んだけれど

爱は爱のままじゃいられず いつか形を変えるだろう
共に生きる家族 恋人よ 仆はうまく爱せているのだろうか
よくできた解答の果てに 悩みぬく世の中はなぜ?
平凡で手アカのついた言叶でも 爱してると伝えてほしい

亲の言叶も聴こえなくなるほど 远くに来ました 幼い顷の子守歌を手に

夜明け前 独りで高速を走った 过ぎゆく景色 季节 思い愤り全てを越えてみたくて

赛を振る时は访れ 人生の岐路に伫む
今いる自分を支えてくれた人 この歌が聴こえてるだろうか?
祈るような毎日の中で もっと强く生きてゆけと
少しだけ弱気な自分を励ます もう戻れぬあの日の空

人の优しさに触れた时 なぜか想い出す事がある
初めて独り歩き出した 幼い仆を见つめるその爱