Lyricist: 街頭塗鴉   Composer: 街頭塗鴉


白い、白い森の中で、见つけた看板に书いてあった
「明日、今日の事を后悔しないよに活きよう」
梦から醒めた仆は、あの言叶の意味を追い駆ける
考えても、答えが出る问题でもないと、部屋を出る
并木道のみ通り、空はこんなに青いのに
人は优しさの使い方も分からずと、ほうにくれて行く
触れ合う事によって、伤付いた我が物は
触れ合う事によって、生まれ勇気を信じなくなる
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ

フウセンに目一杯の梦を吹き込んだ
现実よりずっと軽いフウセンは、青い空に沈んでいた
花になれたら、风になれたら、土になれたら、そう思うのは仆が人间だから
仆らは自分じゃない、谁を捜してるんだろう
仆らはここじゃない、何処に帰ろうとしているんだろう
百あるうちの九十九を理屈で无くても
ラストピースは爱と言う形なきっかけ、书き并んでたら
爱されたいのは君だけじゃないんだ、堪え耐えるのは仆だけじゃないんだ
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ
だから、手をかざそう、梦を描こう、笑われてもいい、爱を叫ぼう
ふらけてしまいそうな、孤独震えてる寂しさで
今は手をかざそう、梦を描こう、伤だらけのまま爱を歌おう
泣きたくても泣けないで、イルだらけの空に响き渡るように

白い、白い森の中を歩き回る、梦を何度见ても
あの看板の文字は静かに何も言うわざり続ける
仆は后悔を缲り返して、大人になった男だ
分かってる、分かってる、都会の针は戻らない、闻き取れないプライド
かすかなsos见たいに、谁かの声が闻える、喧しい日々に掻き消されて行く
仆に出来る事がありますか?もしあるとしたら、一绪に歌う事ないですが
良かったら、爱されたいのは君だけじゃないんだ、こぼれているのは仆だけじゃないんだ
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ
だから、手をかざそう、梦を描こう、笑われてもいい、爱を叫ぼう
静寂のそこに沈んだ、光りの音泣きをこっそり
今は手をかざそう、梦を描こう、伤だらけのまま爱を歌おう
一秒でもいいから、君と仆の空が一つになるように

Shiroi Mori

Preview Open KKBOX

Lyricist: 街頭塗鴉   Composer: 街頭塗鴉


白い、白い森の中で、见つけた看板に书いてあった
「明日、今日の事を后悔しないよに活きよう」
梦から醒めた仆は、あの言叶の意味を追い駆ける
考えても、答えが出る问题でもないと、部屋を出る
并木道のみ通り、空はこんなに青いのに
人は优しさの使い方も分からずと、ほうにくれて行く
触れ合う事によって、伤付いた我が物は
触れ合う事によって、生まれ勇気を信じなくなる
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ

フウセンに目一杯の梦を吹き込んだ
现実よりずっと軽いフウセンは、青い空に沈んでいた
花になれたら、风になれたら、土になれたら、そう思うのは仆が人间だから
仆らは自分じゃない、谁を捜してるんだろう
仆らはここじゃない、何処に帰ろうとしているんだろう
百あるうちの九十九を理屈で无くても
ラストピースは爱と言う形なきっかけ、书き并んでたら
爱されたいのは君だけじゃないんだ、堪え耐えるのは仆だけじゃないんだ
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ
だから、手をかざそう、梦を描こう、笑われてもいい、爱を叫ぼう
ふらけてしまいそうな、孤独震えてる寂しさで
今は手をかざそう、梦を描こう、伤だらけのまま爱を歌おう
泣きたくても泣けないで、イルだらけの空に响き渡るように

白い、白い森の中を歩き回る、梦を何度见ても
あの看板の文字は静かに何も言うわざり続ける
仆は后悔を缲り返して、大人になった男だ
分かってる、分かってる、都会の针は戻らない、闻き取れないプライド
かすかなsos见たいに、谁かの声が闻える、喧しい日々に掻き消されて行く
仆に出来る事がありますか?もしあるとしたら、一绪に歌う事ないですが
良かったら、爱されたいのは君だけじゃないんだ、こぼれているのは仆だけじゃないんだ
身っぽちなのは君だけじゃないんだ、身っぽちなのは仆だけじゃないんだ
だから、手をかざそう、梦を描こう、笑われてもいい、爱を叫ぼう
静寂のそこに沈んだ、光りの音泣きをこっそり
今は手をかざそう、梦を描こう、伤だらけのまま爱を歌おう
一秒でもいいから、君と仆の空が一つになるように