Lyricist: 菅原卓郎   Composer: 滝善充


フィルムには写せない光なら写したい
瞳のレンズはいつも少しピントがずれてる

ひとりぼっちで歩き疲れて
プラスチックな人にかまってられない
そんな不満ばかり

谁も彼も目を合わせずに
迷いながらどこも行けずに
靴の踵すり减らしてるのさ

キャンバスに描けない色でなら描きたい
白黒つけずにいても答えは色褪せるだけ

舞い上がる春の风 打ちつける夏の雨
季节が変わったあとの切なさに身をまかせて

ドラスチックに道で倒れて
ロマンチックに土に还っていきたい
そんな希望ばかり

谁も彼も声をかけずに
食い违いを口に出せずに
そっと心すり减らしてるのさ

高过ぎる秋の空 恋しがる冬の花
写真に変わったあとの儚さに身をまかせて

いつかまた会えたなら その时は
真実の笑颜で笑ってくれ
いつかまた会えたなら この目には
真実の姿で写ってくれ

Finder

Preview Open KKBOX

Lyricist: 菅原卓郎   Composer: 滝善充


フィルムには写せない光なら写したい
瞳のレンズはいつも少しピントがずれてる

ひとりぼっちで歩き疲れて
プラスチックな人にかまってられない
そんな不満ばかり

谁も彼も目を合わせずに
迷いながらどこも行けずに
靴の踵すり减らしてるのさ

キャンバスに描けない色でなら描きたい
白黒つけずにいても答えは色褪せるだけ

舞い上がる春の风 打ちつける夏の雨
季节が変わったあとの切なさに身をまかせて

ドラスチックに道で倒れて
ロマンチックに土に还っていきたい
そんな希望ばかり

谁も彼も声をかけずに
食い违いを口に出せずに
そっと心すり减らしてるのさ

高过ぎる秋の空 恋しがる冬の花
写真に変わったあとの儚さに身をまかせて

いつかまた会えたなら その时は
真実の笑颜で笑ってくれ
いつかまた会えたなら この目には
真実の姿で写ってくれ