Lyricist: 工藤順子   Composer: 外間隆史

云のない青空は 高く
风もないこんな日は 独り
住み惯れた町の真ん中で
悲しい迷子になれそうで

梦はただ远すぎて 仆は
街角に立ち尽くす 一人
君が歩いてく后ろ影
通りの向こうに见失う

あの角曲がればきっと
见知らぬ店立ち并ぶ
市场へと迷い込む

赈やかな店先に 眠る
ガラクタにつまずいて 歩く
歌声が闻こえたよ 君の
懐かしいあの歌が 远く
锖びた想い出を売りさばき
きらめく银货を手に入れる

见えては隠れる君の
踵を目で追いかける
ひしめくテントの隙间
记忆の彼方に続く
小径へと迷い込む

汗ばむ掌の中
小さなコインはひとつ
どの店覗いてみても
捜していたものばかり

汗ばむ掌の中
小さなコインはひとつ

その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください

地図をください - Ruby Grapefruits Version

Preview Open KKBOX

Lyricist: 工藤順子   Composer: 外間隆史

云のない青空は 高く
风もないこんな日は 独り
住み惯れた町の真ん中で
悲しい迷子になれそうで

梦はただ远すぎて 仆は
街角に立ち尽くす 一人
君が歩いてく后ろ影
通りの向こうに见失う

あの角曲がればきっと
见知らぬ店立ち并ぶ
市场へと迷い込む

赈やかな店先に 眠る
ガラクタにつまずいて 歩く
歌声が闻こえたよ 君の
懐かしいあの歌が 远く
锖びた想い出を売りさばき
きらめく银货を手に入れる

见えては隠れる君の
踵を目で追いかける
ひしめくテントの隙间
记忆の彼方に続く
小径へと迷い込む

汗ばむ掌の中
小さなコインはひとつ
どの店覗いてみても
捜していたものばかり

汗ばむ掌の中
小さなコインはひとつ

その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください
朱く梦の场所を印した
その地図を一枚ください
帰り道の破れかけてる
その地図を一枚ください