僕らの夜明け前

Lyricist: 北川賢一    Composer: 北川賢一

木枯らし舞う 心が舞う
一人の夜は 静けさを増す
间违ったまま 时は过ぎたと
思い返した 仆らの夜明け前

昨日までの 雨がうそのようです
昙る窓 水も滴る
见上げた先に 见え隠れした
云间に覗く 仆らの夜明け前

声枯らし 歌う程に自分が分かってくんだ
良いとこも 悪いとこも全部

伤ついた 心から
聴こえる 声が微かに
探していた 答えは
いつもそばに ここにあったんだ

この顷ふと 考える夜更け
どうにもならぬ 悩みも绝えぬが
それも一つの 答えなんだと
光が射した 仆らの夜明け前

问いかける 歌うその先に何を见いだすんだ
良いとこも 悪いとこも全部 抱いて

伤ついて もうダメだって
そう思う 事もあるだろう
それもきっと 明日の仆を
创るための 础となる

大切に 大切に
育てる いつかの仆が
枯れないように
负けないように
ここで出来る 精一杯をしよう

木枯らし舞う 心が舞う
未来はきっと仆らを待っているんだ