Lyricist: Ryosuke Shimomura   Composer: Ryosuke Shimomura


言葉にならぬ愛で目が覚めた
あなたのいない夜に
この目は未だ開いて前を見る
絶望と希望 瞬かせて

誰にも言えなかった
宛名のない侘しさと
この身の型をした
名前すらない気持ちを

押し殺すたびに
錆びていった feeling
内に満ちた妬み嫉み
知れば知るほどに
芽吹く self loathing
両手で摘むように
触れて その場凌ぎの愛で

巻き戻されない
過ぎゆく想いと感触
微かに覚えてるよ

命を手繰るように時を経た
あなたのいない街で
心を未だ揺らしてる やさしさは
感覚と記憶に残ってる

巻き戻されない
過ぎゆく想いと感触
微かに覚えてるよ

言葉で埋まる愛に気が触れた
あなたのいない世界で
この喉を震わせて 無力にも
愚かさと恥を曝して
この足よ 震えないで 目は覚めた
何も持たないで行く
この目はただ開いて 前を見る
絶望と希望 瞬かせて

CP

Preview Open KKBOX

Lyricist: Ryosuke Shimomura   Composer: Ryosuke Shimomura


言葉にならぬ愛で目が覚めた
あなたのいない夜に
この目は未だ開いて前を見る
絶望と希望 瞬かせて

誰にも言えなかった
宛名のない侘しさと
この身の型をした
名前すらない気持ちを

押し殺すたびに
錆びていった feeling
内に満ちた妬み嫉み
知れば知るほどに
芽吹く self loathing
両手で摘むように
触れて その場凌ぎの愛で

巻き戻されない
過ぎゆく想いと感触
微かに覚えてるよ

命を手繰るように時を経た
あなたのいない街で
心を未だ揺らしてる やさしさは
感覚と記憶に残ってる

巻き戻されない
過ぎゆく想いと感触
微かに覚えてるよ

言葉で埋まる愛に気が触れた
あなたのいない世界で
この喉を震わせて 無力にも
愚かさと恥を曝して
この足よ 震えないで 目は覚めた
何も持たないで行く
この目はただ開いて 前を見る
絶望と希望 瞬かせて