Lyricist: 長澤知之   Composer: 長澤知之


我々はUFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ

UFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ

鐘の音を背に歩いてた僕の目に映った 光るまあるいちゃぶ台
急いでガッコに戻って友人たちに話すと 疑いながらもあいつ
机からおもむろに秘密の雑誌取り出した
僕はずっとその日から 政府の陰謀を許すことはないよ

僕はUFOが現れるのを待っている
次にまたやって来るなら1999年
世界中の天文学者は言う あり得るって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてない

鞄片手に向かってる 進学先で見つけた同志達の研究会
奴らはみんな空見てばかりだけど 会話をする時ばかりはシューゲイザー
そこで出会った初恋の眼鏡女子 口癖はいつもアニメの台詞

君だけに教えるよ 秘密結社の存在を
僕はずっとあの日から 政府の陰謀を許すことはないよ

君とUFOが現れるのを待っている
君の前で体を張るべき時は2002年
君は言う 能天気だねって笑う そうじゃないって
無いなんて言えないよ 誰にもね 無いなんてない

決意を胸に歩いてる 辞表を手に 社会は僕の運動に冷たい
真実を知る人間はやめられない ブラックメイソンなんかに負けない

どうせあの豚どもは 愚民化政策の支持者
僕は今日もこれからも 政府の陰謀を許すことはないよ

そしてUFOが現れるのを待っている
次にまたやって来るなら2012年
世界中の預言者たちは言う 来てますって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてもうない

おじちゃんが言う

母ちゃんお前んこと ずっとずっと心配しとったぞ
仕送りはもういいけん自分んこと もっともっとよく考えんさい

帰り道の書店でいつかの雑誌手に取った

今更もう引き返せない
政府の陰謀を許すことはないよ

我々はUFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ さあ来いって
世界中の天文学者は言う あり得るって
無いなんて言わせないよ もうそれは それはないって

UFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ さあ来いって
世界中の預言者たちは言う 来てますって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてない

政府の陰謀 政府の陰謀 政府の陰謀

政府

ムー

Preview Open KKBOX

Lyricist: 長澤知之   Composer: 長澤知之


我々はUFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ

UFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ

鐘の音を背に歩いてた僕の目に映った 光るまあるいちゃぶ台
急いでガッコに戻って友人たちに話すと 疑いながらもあいつ
机からおもむろに秘密の雑誌取り出した
僕はずっとその日から 政府の陰謀を許すことはないよ

僕はUFOが現れるのを待っている
次にまたやって来るなら1999年
世界中の天文学者は言う あり得るって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてない

鞄片手に向かってる 進学先で見つけた同志達の研究会
奴らはみんな空見てばかりだけど 会話をする時ばかりはシューゲイザー
そこで出会った初恋の眼鏡女子 口癖はいつもアニメの台詞

君だけに教えるよ 秘密結社の存在を
僕はずっとあの日から 政府の陰謀を許すことはないよ

君とUFOが現れるのを待っている
君の前で体を張るべき時は2002年
君は言う 能天気だねって笑う そうじゃないって
無いなんて言えないよ 誰にもね 無いなんてない

決意を胸に歩いてる 辞表を手に 社会は僕の運動に冷たい
真実を知る人間はやめられない ブラックメイソンなんかに負けない

どうせあの豚どもは 愚民化政策の支持者
僕は今日もこれからも 政府の陰謀を許すことはないよ

そしてUFOが現れるのを待っている
次にまたやって来るなら2012年
世界中の預言者たちは言う 来てますって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてもうない

おじちゃんが言う

母ちゃんお前んこと ずっとずっと心配しとったぞ
仕送りはもういいけん自分んこと もっともっとよく考えんさい

帰り道の書店でいつかの雑誌手に取った

今更もう引き返せない
政府の陰謀を許すことはないよ

我々はUFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ さあ来いって
世界中の天文学者は言う あり得るって
無いなんて言わせないよ もうそれは それはないって

UFOが現れるのを待っている
マンションのてっぺんで手を広げ さあ来いって
世界中の預言者たちは言う 来てますって
無いなんて言えない我々はって 無いなんてない

政府の陰謀 政府の陰謀 政府の陰謀

政府