Lyricist: PolyphonicBranch   Composer: PolyphonicBranch


そっと抱きしめた光さえ
両手をすり抜け 粒子へ还る
儚さに重ねた梦だから
もう 振り返ることさえも
叶わないと知る 刹那の痛み
刻はまだ 闭じたままで

青の炎が心をとらえ
君を见失った
さっきまでいた场所なのに
思い出せずに

深い深い森に迷い込んでしまった
道しるべに缒って
雾を泳ぎながら呼吸もできずに
君の呼声を闻いた

呜呼 伤ついた右の手は
守られることを知らないまま
孤独を连れて线を描く
ぎゅっと引き寄せた左手に
君の存在を重ねてしまう
月はただ水面へ浮かぶ

返す言叶が见つからずに
静寂に溺れた
さっきまであった温もりは
色を失う

深い深い森に迷い込んでしまった
昨日の朝は来ない
夜を泳ぎながら茧を纺いでる
眠る场所を求めている

呜呼 止め処なくあふれ出す
伤口をふさぐこともできずに
もっと早く気付けていたなら
瞳に映るものじゃなく
视界の向こうに光を求め
雾を抜けてその先へ

速度を落とした光 舞う空
哀れむよう 静かに消えた

呜呼 辿り着く场所にさえ
梦の残り香を求めてしまう
孤独を拭う术も知らず
そっと抱き寄せた影の中
君の存在を重ねてしまう
あの日のままの笑颜を

视界は霞んでゆく

DeepForest - feat. メグッポイド

Preview Open KKBOX

Lyricist: PolyphonicBranch   Composer: PolyphonicBranch


そっと抱きしめた光さえ
両手をすり抜け 粒子へ还る
儚さに重ねた梦だから
もう 振り返ることさえも
叶わないと知る 刹那の痛み
刻はまだ 闭じたままで

青の炎が心をとらえ
君を见失った
さっきまでいた场所なのに
思い出せずに

深い深い森に迷い込んでしまった
道しるべに缒って
雾を泳ぎながら呼吸もできずに
君の呼声を闻いた

呜呼 伤ついた右の手は
守られることを知らないまま
孤独を连れて线を描く
ぎゅっと引き寄せた左手に
君の存在を重ねてしまう
月はただ水面へ浮かぶ

返す言叶が见つからずに
静寂に溺れた
さっきまであった温もりは
色を失う

深い深い森に迷い込んでしまった
昨日の朝は来ない
夜を泳ぎながら茧を纺いでる
眠る场所を求めている

呜呼 止め処なくあふれ出す
伤口をふさぐこともできずに
もっと早く気付けていたなら
瞳に映るものじゃなく
视界の向こうに光を求め
雾を抜けてその先へ

速度を落とした光 舞う空
哀れむよう 静かに消えた

呜呼 辿り着く场所にさえ
梦の残り香を求めてしまう
孤独を拭う术も知らず
そっと抱き寄せた影の中
君の存在を重ねてしまう
あの日のままの笑颜を

视界は霞んでゆく