白いブランコ - フォークロックVer.

Lyricist: 小平なほみ     Composer: 菅原進

君はおぼえて いるかしら
あの白いブランコ
风に吹かれて 二人でゆれた
あの白いブランコ

日暮はいつも淋しいと
小さな肩を ふるわせた
君にくちづけした时に
优しくゆれた
白い 白いブランコ

君はおぼえて いるかしら
あの白いブランコ
寒い夜に 寄りそってゆれた
あの白いブランコ

谁でもみんな ひとりぼっち
谁かを爱していたいのと
冷たいほほを 寄せた时に
静かにゆれた 白い 白いブランコ

仆の心に 今もゆれる
あの 白いブランコ
幼い恋を 见つめてくれた
あの 白いブランコ

まだこわれずに あるのなら
君の面影 抱きしめて
ひとりでゆれて みようかしら
远いあの日の 白い白い 白いブランコ