Lyricist: 太志   Composer: 太志

どうせならもう ヘタクソな梦を描いていこうよ
どうせならもう ヘタクソで明るく愉快な爱のある梦を
「気取んなくていい かっこつけない方がおまえらしいよ」

一生悬命になればなる程 空回りしてしまう仆らの旅路は
小学生の 手と足が一绪に出ちゃう行进みたい
それもまたいいんじゃない? 生きてゆくことなんてさ
きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

心の奥の奥 闭じ込めてた本当の仆 生身の36度5分 饰らずにいざwe don't stop
けどまだ强がってるんだよ まだバリアを张ってるんだよ 痛みと戦ってるんだよ

辛い时 辛いと言えたらいいのになぁ 仆达は强がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ
仆だけじゃないはずさ 行き场のないこの気持ちを 居场所のないこの孤独を
抱えているのは…

他人の痛みには无関心 そのくせ自分の事となると不安になって
人间を嫌って 不幸なのは自分だけって思ったり
与えられない事をただ叹いて 三歳児のようにわめいて
爱という名のおやつを座って待ってる仆は
アスファルトの照り返しにも负けずに 自分の足で歩いてく人达を见て思った
动かせる足があるなら 向かいたい场所があるなら この足で歩いてゆこう

もう二度とほんとの笑颜を取り戻すこと できないかもしれないと思う夜もあったけど
大切な人达の温かさに支えられ もう一度信じてみようかなと思いました

辛い时 辛いと言えたらいいのになぁ 仆达は强がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど
过ちも伤迹も 途方に暮れ べそかいた日も 仆が仆として生きてきた证にして
どうせなら これからはいっそ谁よりも 思い切りヘタクソな梦を描いてゆこう
言い訳を片付けて 堂々と胸を张り 自分という人间を 歌い続けよう

Ketsui No Asa Ni

Preview Open KKBOX

Lyricist: 太志   Composer: 太志

どうせならもう ヘタクソな梦を描いていこうよ
どうせならもう ヘタクソで明るく愉快な爱のある梦を
「気取んなくていい かっこつけない方がおまえらしいよ」

一生悬命になればなる程 空回りしてしまう仆らの旅路は
小学生の 手と足が一绪に出ちゃう行进みたい
それもまたいいんじゃない? 生きてゆくことなんてさ
きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

心の奥の奥 闭じ込めてた本当の仆 生身の36度5分 饰らずにいざwe don't stop
けどまだ强がってるんだよ まだバリアを张ってるんだよ 痛みと戦ってるんだよ

辛い时 辛いと言えたらいいのになぁ 仆达は强がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ
仆だけじゃないはずさ 行き场のないこの気持ちを 居场所のないこの孤独を
抱えているのは…

他人の痛みには无関心 そのくせ自分の事となると不安になって
人间を嫌って 不幸なのは自分だけって思ったり
与えられない事をただ叹いて 三歳児のようにわめいて
爱という名のおやつを座って待ってる仆は
アスファルトの照り返しにも负けずに 自分の足で歩いてく人达を见て思った
动かせる足があるなら 向かいたい场所があるなら この足で歩いてゆこう

もう二度とほんとの笑颜を取り戻すこと できないかもしれないと思う夜もあったけど
大切な人达の温かさに支えられ もう一度信じてみようかなと思いました

辛い时 辛いと言えたらいいのになぁ 仆达は强がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど
过ちも伤迹も 途方に暮れ べそかいた日も 仆が仆として生きてきた证にして
どうせなら これからはいっそ谁よりも 思い切りヘタクソな梦を描いてゆこう
言い訳を片付けて 堂々と胸を张り 自分という人间を 歌い続けよう