私の恋と東京

Lyricist: 大江千里/土岐麻子    Composer: 大江千里

遅くなってごめんねと 何も変わらず元気と
旅先から 嘘をついたメッセージ
港の锖びた看板 砂に埋もれた自転车
谁か置き忘れた 时间のかけら

ずるいのはきみだけじゃないから
それは多分 怖がりな二人のせい

きっと许しすぎると
ぶざまになれなくて
恋がへたになって
だから探さないでね
素直な自分に
旅をさせてるだけ

好きなはずのその声
だけが思い出せない
私の恋と东京

きみはきみの隙间を 私は私の小さな
寂しい気持ちを 埋め合ってきたね

きらめく 海に舍てるのは
旅の间 书き続けた手纸のやま

きっときみの気持ちを
読み切れないから
胸が痛くなるの
たぶん全て话すと
终わりが始まる
そんな気がするから

おしゃべりなはずの私
いつからか黙ったまま
私の恋と东京

本当は少しでも
心配させてみたかったの

明日 帰るけどどうか
いつものやさしさ
ならば见せないでね
どんなきみでもいいから
どんな心でも 私だけに见せて

きっときみは いつもと同じように迎える
私の恋と东京 无口な场所へと 帰るの 东京