Lyricist: 米山 玩具   Composer: 柳 英一郎


どうしてあの光を恐れるようになったの?
まるで羽をたためない蝶が舞うよう
どうして彼の人をまた选んでしまったの?
焼きついた喉ではもう
鸣くことも叶わないのに

锖びついた螺旋阶段
丑く歪む无限道
対の镜に刻まれた
终告げる亀裂割れ
すべては幻想

もう逝く宛てがないというなら彷徨おう
红く美しくいられるように
ああ彼の人への爱しい虞を抱いて
仅かに永久に眠りに就きたいだから
その手は离さないで

どうしてあの花を易く摘んでしまったの?
掌のなかの花弁は痩せていくのに
お愿い彼の人にもう一度だけ逢わせて
宵暗に仅かうつる影法师それだけでいい

朽ち果てた逆さ天井
磔られる时计塔
黄泉に繋がる彼岸には
脆い隔夜道
まだゆめ幻想

まだ生くことが许されるなら果てようか
紫に渗む涙ぬぐって
ああ风に潜む妖たちよ伝えて
ぬくもりすらもいまは望まないだけど
その手は离さないで

にぶく ひかる あわく つつむ
ながい よるの はざま まにま
いまだ いのち ほのか かおり
さくら ちりて きおく のこる
にぶく ひかる あわく つつむ
ながい よるの はざま まにま
あかい あかい あかい いのち
あかい あかい あかい おそれ

枯れ果てた灰染め桜
いまも宵繋ぐ六道 対に并んだ咎花は
终香る日々さえ
明日亡き幻想

もう逝く宛てがないというなら彷徨おう
红く美しくいられるように
ああ彼の人への爱しい虞を抱いて
仅かに永久に眠りに就きたい
仅かに永久にひとつになりたいだから
その手は离さないで
その手は离さないで

afraid

Preview Open KKBOX

Lyricist: 米山 玩具   Composer: 柳 英一郎


どうしてあの光を恐れるようになったの?
まるで羽をたためない蝶が舞うよう
どうして彼の人をまた选んでしまったの?
焼きついた喉ではもう
鸣くことも叶わないのに

锖びついた螺旋阶段
丑く歪む无限道
対の镜に刻まれた
终告げる亀裂割れ
すべては幻想

もう逝く宛てがないというなら彷徨おう
红く美しくいられるように
ああ彼の人への爱しい虞を抱いて
仅かに永久に眠りに就きたいだから
その手は离さないで

どうしてあの花を易く摘んでしまったの?
掌のなかの花弁は痩せていくのに
お愿い彼の人にもう一度だけ逢わせて
宵暗に仅かうつる影法师それだけでいい

朽ち果てた逆さ天井
磔られる时计塔
黄泉に繋がる彼岸には
脆い隔夜道
まだゆめ幻想

まだ生くことが许されるなら果てようか
紫に渗む涙ぬぐって
ああ风に潜む妖たちよ伝えて
ぬくもりすらもいまは望まないだけど
その手は离さないで

にぶく ひかる あわく つつむ
ながい よるの はざま まにま
いまだ いのち ほのか かおり
さくら ちりて きおく のこる
にぶく ひかる あわく つつむ
ながい よるの はざま まにま
あかい あかい あかい いのち
あかい あかい あかい おそれ

枯れ果てた灰染め桜
いまも宵繋ぐ六道 対に并んだ咎花は
终香る日々さえ
明日亡き幻想

もう逝く宛てがないというなら彷徨おう
红く美しくいられるように
ああ彼の人への爱しい虞を抱いて
仅かに永久に眠りに就きたい
仅かに永久にひとつになりたいだから
その手は离さないで
その手は离さないで