Lyricist: ハヤカワP    Composer: ハヤカワP

放课后の屋上で
広げた雑志
この惑星(ほし)を飞びだす
流线型に

憧れた 梦见てた
重力を强く感じて
ここじゃない どこでもない
彼方へのチケットだね

あの青い空を
贯く仆のロケット
强く速く全てを 振り切って
駆け抜けてく
あの云の向こう 飞び越えてくれ
何もかも
缚り付ける全ての
未练を振り切って
この地上を远く离れたら
ちっぽけな痛みも
忘れられるさ
そんな风に仆は思ってた

机の上に乗るよな
小さなボディ
初めて打ち上げた
モデルロケット

「面白そう!」 そう言って
目を细めて笑う君
言叶が出ない 口を开けば
この时间が终わるよな気がして

仆が憧れた 银色に辉くロケット
同じ何か见てるって
嘘みたい・・・信じられない
「いつか二人で・・・」
喉元の言叶饮み込む
そんなイイコト続くワケない
切り出せない 固まる仆に
不意に君が一言
「一绪に打ち上げてみたい!」
ポカンと口开けた
仆を见て 君は笑ってた

仆らの目指す空の终わり
云の彼方
地上(ここ)より遥か
梦より近く
言叶よりも
强く速く 今

この青い空を
贯く二人のロケット
ぎこちない仆の恋心
宇宙(そら)を駆けて
あの云の向こう
その先を君とみつけたい
今はまだ何一つ
未来は见えないけれど

この青い空を
贯く二人のロケット
强く速く全てを 振り切って
駆け抜けてく
あの云の向こう
飞び越えてくれ
仆らを缚り付ける重力
全てを解き放って
言いたいこと全部
あの空に吸い込まれたみたい
仆は代わりに・・・
君の手を 强く握った

二人のロケットライド

ロケットライド (feat. 鏡音レン)

Preview Open KKBOX

Lyricist: ハヤカワP    Composer: ハヤカワP

放课后の屋上で
広げた雑志
この惑星(ほし)を飞びだす
流线型に

憧れた 梦见てた
重力を强く感じて
ここじゃない どこでもない
彼方へのチケットだね

あの青い空を
贯く仆のロケット
强く速く全てを 振り切って
駆け抜けてく
あの云の向こう 飞び越えてくれ
何もかも
缚り付ける全ての
未练を振り切って
この地上を远く离れたら
ちっぽけな痛みも
忘れられるさ
そんな风に仆は思ってた

机の上に乗るよな
小さなボディ
初めて打ち上げた
モデルロケット

「面白そう!」 そう言って
目を细めて笑う君
言叶が出ない 口を开けば
この时间が终わるよな気がして

仆が憧れた 银色に辉くロケット
同じ何か见てるって
嘘みたい・・・信じられない
「いつか二人で・・・」
喉元の言叶饮み込む
そんなイイコト続くワケない
切り出せない 固まる仆に
不意に君が一言
「一绪に打ち上げてみたい!」
ポカンと口开けた
仆を见て 君は笑ってた

仆らの目指す空の终わり
云の彼方
地上(ここ)より遥か
梦より近く
言叶よりも
强く速く 今

この青い空を
贯く二人のロケット
ぎこちない仆の恋心
宇宙(そら)を駆けて
あの云の向こう
その先を君とみつけたい
今はまだ何一つ
未来は见えないけれど

この青い空を
贯く二人のロケット
强く速く全てを 振り切って
駆け抜けてく
あの云の向こう
飞び越えてくれ
仆らを缚り付ける重力
全てを解き放って
言いたいこと全部
あの空に吸い込まれたみたい
仆は代わりに・・・
君の手を 强く握った

二人のロケットライド