Lyricist: keeno   Composer: keeno


私きっと気付いていたの
雨上がりの街で
知らないふり胸の奥で谁かが泣いた声

耳を塞いだ
一人きりで蹲りそうになる
あの日の私は远い夜に置いてきたはずなのに

キミが深く私の中で息をしていて
千切れそうな心の糸に触れてしまうから

息も出来ないようなくちづけを思い出したら
流れる痛みもこの空に溶け出して
どこまでもただ続いていくような
茜がこの世界を涂り溃したんだ

ずっと夺われたままで
自分さえ欺けないまま
焼きついて烂れた心にただ
沁みるようにはみ出した空を

いつまでも见ていたの
涸れるまで见ていたの

迫る夜の风に頬が干いて
笑ってみるけど

声にならないほど切なくて
壊れそうなほど优しい记忆に
目も逸らせないまま
もう一度だけあのくちづけを
私はここにいるよ
ただキミに会いたい

madder

Preview Open KKBOX

Lyricist: keeno   Composer: keeno


私きっと気付いていたの
雨上がりの街で
知らないふり胸の奥で谁かが泣いた声

耳を塞いだ
一人きりで蹲りそうになる
あの日の私は远い夜に置いてきたはずなのに

キミが深く私の中で息をしていて
千切れそうな心の糸に触れてしまうから

息も出来ないようなくちづけを思い出したら
流れる痛みもこの空に溶け出して
どこまでもただ続いていくような
茜がこの世界を涂り溃したんだ

ずっと夺われたままで
自分さえ欺けないまま
焼きついて烂れた心にただ
沁みるようにはみ出した空を

いつまでも见ていたの
涸れるまで见ていたの

迫る夜の风に頬が干いて
笑ってみるけど

声にならないほど切なくて
壊れそうなほど优しい记忆に
目も逸らせないまま
もう一度だけあのくちづけを
私はここにいるよ
ただキミに会いたい