花苞 (日劇【鬼媽媽搜查線~我與媽媽不可思議的100天~】主題曲)

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 太志   Composer: 太志


一つだけ忘れないでいて さよならをする日が来たって
仆たちの瞳はもう涙を こぼすためにあるものじゃない
お互いの笑颜を 映し合うためにあるんだよ

太阳が一日を配る 全身でそれを受け止める
八月のふもとで 今の仆なら 幸せに気づけるはず

冬の星空みたいな 冷たいその掌で
仆の手を温めようとしてくれた 日を思い出す

この世界の一人一人が 谁も一枚の花びらで
つぼみとは花びらがぎゅっと 抱きしめ合っている姿で
风に千切れそうになっても 太阳に云が被さっても
仆たちの目はもう涙を こぼすためにあるものじゃない
梦を见るためにあるんだよ

缲り返してゆく日々の中で 谁だって时々忘れる
この地上に花を 咲かせるために 土に根が潜った日のことを

见上げた空の青が 悲しく见える时には
灰色に 渗む予感を 疑い抜いてみせるから

もし怖い梦を见たら すぐに仆を起こせばいいさ
とっておきの笑い话に 君が点をつけてくれよ
子供のように手を繋いでさ 朝までずっと话していよう
抱きしめ合って眠ったって 同じ梦までは见れないから

绮丽な夜空を见つけた 君にも见せてあげたくって
写真に撮ってみたけど 思ったより绮丽に写らなくて…

爱の待ちぼうけなんて もうやめることにしたよ
喜びも 悲しみも 独り占めじゃ寂しいもの
ねぇ ぼくらは ねぇ ぼくらは

この世界の一人一人が 谁も一枚の花びらで
つぼみとは花びらがぎゅっと 抱きしめ合っている姿で
思い出が后ろになびいても 手と手がほどけそうになっても
目に见えないところでそっと ずっと 繋がってるから
仆たちはもう 独りじゃない ひとつだよ