オクターヴ (feat. 巡音ルカ)

Lyricist: Chiquewa     Composer: Chiquewa
二人で歩く冬の并木道
柔らかな阳射し
いつもよりほんの少し后ろから
揺れる背中を见つめてる

どれだけ离れても
いつも二つの心は同じで
繋いだ手をずっと离さないで
梦が覚めたって

どうしてこんなに胸が切ないの?
穏やかな午后なのに

过ぎゆく时间の中この瞬间
强く焼き付けた瞳の奥は
鲜やかなモノクロに包まれてるみたい

想いが募るたび
一人きりに怯えてるけれど
寂しい気持ちなら
また今度に 忘れないように

感じて この世界はいつも変わらず回っている

この想い どうか消えないで
苦しいくらいに强く愿っているから
いつでも

离れてまた引かれ合い
缲り返してゆらゆらと揺れる
二本の影はオクターヴ
刹那の重なりをいつだって
求めてる

眩い光の中 无邪気な笑颜とその姿
溢れ出す喜びに身をまかせ
今を信じてみよう
穏やかな午后だから