Lyricist: Yusuke Chiba   Composer: The Birthday


鸟の头を持っている メシアは简単に言った
今ある风船を全部 落とせばすむことだろって
羽の生えた白い马が 俺の目の前落ちてきて
呟くようにうめいた 早くどうにかしろって

道草食うのが好きさ たぶんあんたにゃわからない
ダンデライオンの味が かなり苦いってこと

月に追いつこうと歩き続けてきた旅人は
何度目かの砂漠で ヴァンパイアに生まれ変わる
俺の天使は爱ってやつ 探すのって何度目かの
家出をしてそのまま どこにいるのかいないのか

悲しみのはしっこはいつも 忘れられて放っとかれる
いつの间にか何事も无かったような空気だ
夜明けのホラーが好きさ 救われたような気がして
その后に见る梦がどんなに 酷いものだったとしても

バラのプライドひきずった ホラ吹きがまたほざいた
今ある涙を全部 落とせばすむことだろって
リトルジャンヌはついに まっくろな旗を振った
行く先は自分で决める ハイヒールをくわえて

自由の真ん中はいつも 见えないままわからない
すべては粉々になって まばゆい光放った
いっそのことそれでも いいかもなってお前も
ちょっとは思っただろ 谁かのこと忘れて

ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
それしか信じられるのが
ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
无い世界に生まれたんだ

悲しみのはしっこはいつも 忘れられて放っとかれる
いつの间にか何事も无かったような空気だ
自由の真ん中はいつも 见えないままわからない
全ては粉々になってまばゆい光放った

ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
それしか信じられるのが
ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
无い世界に生まれたんだ

左目 軽くウインクして トラックの荷台で
长い髪 なびかせる リトルジャンヌ

ROKA

Preview Open KKBOX

Lyricist: Yusuke Chiba   Composer: The Birthday


鸟の头を持っている メシアは简単に言った
今ある风船を全部 落とせばすむことだろって
羽の生えた白い马が 俺の目の前落ちてきて
呟くようにうめいた 早くどうにかしろって

道草食うのが好きさ たぶんあんたにゃわからない
ダンデライオンの味が かなり苦いってこと

月に追いつこうと歩き続けてきた旅人は
何度目かの砂漠で ヴァンパイアに生まれ変わる
俺の天使は爱ってやつ 探すのって何度目かの
家出をしてそのまま どこにいるのかいないのか

悲しみのはしっこはいつも 忘れられて放っとかれる
いつの间にか何事も无かったような空気だ
夜明けのホラーが好きさ 救われたような気がして
その后に见る梦がどんなに 酷いものだったとしても

バラのプライドひきずった ホラ吹きがまたほざいた
今ある涙を全部 落とせばすむことだろって
リトルジャンヌはついに まっくろな旗を振った
行く先は自分で决める ハイヒールをくわえて

自由の真ん中はいつも 见えないままわからない
すべては粉々になって まばゆい光放った
いっそのことそれでも いいかもなってお前も
ちょっとは思っただろ 谁かのこと忘れて

ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
それしか信じられるのが
ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
无い世界に生まれたんだ

悲しみのはしっこはいつも 忘れられて放っとかれる
いつの间にか何事も无かったような空気だ
自由の真ん中はいつも 见えないままわからない
全ては粉々になってまばゆい光放った

ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
それしか信じられるのが
ROKA ROKA ROKA ROKA ROKA ロカ
无い世界に生まれたんだ

左目 軽くウインクして トラックの荷台で
长い髪 なびかせる リトルジャンヌ