モンスター

Lyricist: MACCHO     Composer: DJ WATARAI

すでに走り出してるぜTime Goes On レールもねぇトレイン大暴走
一気に駆け上がる最高峰 会场中の话题の的
ライムが固くて中身浓厚 だからフロー尖る四十八行のパッション
脳里に焼き付いて狂わす恐怖 梦に抱いて寝ろこのラブソング
根っから胜ち気な若い冲动 破壊创造缲り返す细胞
心技体バランス保つフライト レーザーブラスターみたく持つマイクロフォン

コーヒーのカフェインにCohibaのブラント パナマのハットにマフィアな格好
存在自体と时间と距离 その间に広がる世界は広い
こだわり抜いてる强かなぐらい その间に比べる人との违い
异次元ポケットに忍ばすナイフ 二度目は无ぇから伤は深い
美女の血の気の浓い热いトロける爱抚 冷たい快楽みたく危ない
芯から震える冻えるように 记忆に蚀む恐怖のように
脳里に焼き付けてたっぷり料理 レシピに无い技でPropにShowbiz

また阎魔のように赤くなるまで热し 冷めないうちにひと呼吸おきBlaze It
水が洗う烟にサイエンス Glassの泡の数の分繊细で深い梦
三つ目の目でかすれてく概念 知识より想いが 言叶の背景
马力の违いだそこらにゃいないぜ 腹に力入れろ奥歯を噛んで
吸引して吐く阿吽の呼吸 瞬间と自分と地球と宇宙
満月の宴の幻想に浮游 瞑想中瞑る目の奥に见る
睑の里侧视界の境目 心里腹な扉叩いて
形を変えてはまた来るモンスター 名前をつけたら忧郁なもんさ