Itsumo Issho

Lyricist: 太志    Composer: 太志
いつもいっしょ Aqua Timez

仆は目をそらされるのが嫌で 自分から目をそらす男の子です
ありったけの勇気で君の小さな手を握りしめた

君は手を离されるのがこわくて 自分から手をほどく女の子です
ありったけの勇気で仆の手を握り返してくれた

上手に伝えられないまま 言叶と言叶がすれ违う
はぐれた手と手はお互いに「さよなら」という言叶を 选んでしまった

「いつもいっしょ」と二人で唱えた 风吹く丘は 仆らにとって
儚く途切れる梦のように 记忆の中で薄れてゆく景色になった

あのサヨナラから时は経ち 仆もなんとなくだけど大人になった
爱なんてまだわからないけど 自由と责任を知った

忙しい毎日の中で 自分を忘れてしまう时は
あの丘から空を见上げる 少しだけ切ない気持ちを胸に抱きしめて

仆は思い出す あの日あの时に 手を离したのは 仆の方だった
后悔をしても仕方ないと 帰ろうとした その时 君が现れた

幻じゃない 君が目の前にいる あの顷と変わらない笑颜で...
ずっとずっと 逢いたかった

何も言わずに 君は微笑んで その小さな手で 仆の手を握り
すれ违い别れた二人にだけわかる涙を 一粒だけこぼした
甘い言叶も 深いくちづけも 今はなくていい
ただ目を闭じて「いつもいっしょ」と唱えるだけで
しあわせ色の风が二人を包むのです