Lyricist: 田島貴男   Composer: 木原龍太郎, 田島貴男


ああ二つの手のようにいつでも
近づいては离れ无邪気にたわむれて
そのままただ月日が过ぎ
梦のように爱し合う

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
ああ忘れられないような渇いたこの季节は
うつむく君の胸に刻み込まれ夏が过ぎる

ああ夕暮れはオレンジ色した
セルロイドのように光っているだけ
瞳はただ渚を映す爱し合う二つの手

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
ああ忘れられないような渇いたこの季节は
うつむく君の胸に刻み込まれ夏が过ぎる

银色の水平线に
名もない鸟を追いかけて明日を待つ

しなやかに风は君の髪をとかし
谁も知らない场所へと吹きぬけてく
ああしなやかに风は仆の中をぬけて
谁も知らない场所へとただ吹きぬけ
愿いをかなえる

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす

Futatsu no Te no Yoni

Preview Open KKBOX

Lyricist: 田島貴男   Composer: 木原龍太郎, 田島貴男


ああ二つの手のようにいつでも
近づいては离れ无邪気にたわむれて
そのままただ月日が过ぎ
梦のように爱し合う

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
ああ忘れられないような渇いたこの季节は
うつむく君の胸に刻み込まれ夏が过ぎる

ああ夕暮れはオレンジ色した
セルロイドのように光っているだけ
瞳はただ渚を映す爱し合う二つの手

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
ああ忘れられないような渇いたこの季节は
うつむく君の胸に刻み込まれ夏が过ぎる

银色の水平线に
名もない鸟を追いかけて明日を待つ

しなやかに风は君の髪をとかし
谁も知らない场所へと吹きぬけてく
ああしなやかに风は仆の中をぬけて
谁も知らない场所へとただ吹きぬけ
愿いをかなえる

しなやかに腕は弧を描き寄りそい
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす
夏の阳は日ごとに倾きだす