悲歡歲月

Lyricist: Ak. Homma、Haruichi     Composer: Ak. Homma、Haruichi

私は私と はぐれる訳にはいかないから
いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ

嘘をつくぐらいなら 何も话してくれなくていい
あなたは去っていくの それだけはわかっているから
见つめあった私は 可爱い女じゃなかったね
せめて最后は笑颜で饰らせて

涙が悲しみを溶かして 溢れるものだとしたら
その滴も もう一度饮みほしてしまいたい
凛とした痛み胸に 留まり続ける限り
あなたを忘れずにいられるでしょう

许してね恋心よ 甘い梦は波にさらわれたの
いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ

时を重ねるごとに ひとつずつあなたを知っていって
さらに时を重ねて ひとつずつわからなくなって
爱が消えていくのを 夕日に例えてみたりして
そこに确かに残るサウダージ

想いを纺いだ言叶まで 影を背负わすのならば
海の底で物言わぬ贝になりたい
谁にも邪魔をされずに 海に帰れたらいいのに
あなたをひっそりと思い出させて

谛めて恋心よ 青い期待は私を切り裂くだけ
あの人に伝えて…寂しい…大丈夫…寂しい

缲り返される よくある话
出逢いと别れ 泣くも笑うも好きも嫌いも

许してね恋心よ 甘い梦は波にさらわれたの
いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ

あなたのそばでは 永远を确かに感じたから
夜空を焦がして 私は生きたわ恋心と