endless wedge (feat. 鏡音レン)

Lyricist: ひとしずく    Composer: ひとしずく×やま△
endless wedge

冬の匂い 风の声に 耳を澄ます
闻こえてくる 君の声が 优しい歌が
ふざけ合って 笑い合って 何度も喧哗したけど
缀る声はいつも 优しいから
気付いてあげられなかった

抱きしめたい 君を ただ一度だけ
もう 会えないこと、 分かっていても
后悔なんで ちっぽけな言叶では
片付けられない 心の楔

君がくれたのは 幸せの时间
君がくれたのは 优しい笑颜
君がくれたのは 戻れない过去
君がくれなかった 二人の未来…

あれからもう どれくらいの 冬を越えてただろう
二人で植えたこの花も何度 暖かい春を巡り…

この芽がやがて 大きな木へと変わっても
変わらない君の姿
あの日の笑颜が 心の一番奥に
楔となって 打ち込まれたまま

仆があげたのは やすらぎの日々?
仆があげたのは 涙の欠片?
仆があげたのは あの日の思い出
仆があげられなかった 君との今

どうしようもなく 寂しい夜は
君の歌声を 思いだすよ
どうしようもなく 泣きたい夜は
君のくれた歌 歌ってみるよ
かなしい歌には したくないよ
かなしい歌には したくないよ

爱する人よ どうか安らかに
永久の楔の中 眠り続けて
君がくれたものを 仆があげたものを
ずっとこれからも 忘れないよ
忘れないよ
君の声を…
今も此処に
此処にいるから…
ずっと君を

アイシテルヨ…