港はまだ遠い

Lyricist: 吉田旺    Composer: 浜圭介

北へ向う船の 座席にもたれて
そっと子守呗 くちずさむ女
他人に预けてる わが子の颜みたくて
三月に一度の旅 みやげの玩具づつみ
うすいひざでゆれている 港はまだ远い

北へ向う船を つつんで降る雾
窓に颜をあて 海を见る女
爱をみうしない 着のみ着のままひとり
谁にもゆくえ告げず 都会を逃げてきたよ
つかれはてたその胸に 雾笛がしみわたる

北へ向う船の デッキにたたずみ
声をおい杀し なみだぐむ女
止める母の手を むりやりに振りほどき
ふるさと舍てて二年 明日をも知れぬ 母に
せめて不孝わびたくて 帰って行く女