Bloom

Lyricist: Masato Odake    Composer: ATSUSHI

初めて出逢った あの冬の日
それが爱だなんて
まるで気づかなかったけど
あんなに楽しく 笑ったこと
今までに一度もなくて
梦をみているみたいだった

あたたかい部屋の 昙りガラス
白いキャンバスへと描いた あなたの名前
大きな大きな 文字の向こう
东京の街がキラキラ 辉いていて奇丽だった

戸惑ってばかりで
それでも逢いたくなって
踌躇ってばかりいたから
あなたを困らせていたよね

青春なんて 知らずに生きて…
何となく私が そう言ったとき
黙ったままで 突然抱きしめた
私はあなたを 好きになりました

谁かが谁かを 守るなんて
决して出来ないって
そんな风に思っていた
幸せの意味も 梦の意味も
何もかもあなたが 私を
守りながら教えてくれた

私だけの呼び方で
あなたを呼んでみたら
耻ずかしそうな颜をして
あなたは笑っていたよね

手を伸ばしたら 空に届きそうな
あの场所で私は 心に决めた
この先ずっと あなたのそばにいて
その笑颜をずっと 守っていこうと

青春なんて 知らずに生きて…
何となく私が そう言ったとき
黙ったままで 突然抱きしめた
私はあなたを 好きになりました

手を伸ばしたら 空に届きそうな
あの场所で私は 心に决めた
この先ずっと あなたのそばにいて
その笑颜をずっと 守っていこうと

强くて优しいあなたを 好きになりました