Lyricist: ORANGE RANGE    Composer: ORANGE RANGE

花びらのように散りゆく中で
梦みたいに 君に出逢えたキセキ
爱し合って ケンカして
色んな壁 二人で乗り越えて
生まれ変わっても あなたのそばで 花になろう

いつまでもあるのだろうか オレの真上にある太阳は
いつまでも守りきれるだろうか 泣き 笑い 怒る君の表情を
いずれ全てなくなるのならば 二人の出逢いにもっと感谢しよう
あの日 あの时 あの场所のキセキは
また 新しい轨迹を生むだろう

爱することで强くなること 信じることで乗り切れること
君が残したモノは今も胸に ほら辉き失わずに
幸せに思う 巡り会えたこと オレの笑颜取り戻せたこと
「ありがとう」あふれる気持ち抱き 进む道程

花びらのように散りゆく中で
梦みたいに 君に出逢えたキセキ
爱し合って ケンカして
色んな壁 二人で乗り越えて
生まれ変わっても あなたに逢いたい

花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が仆に残したモノ
"今"という现実の宝物
だから仆は精一杯生きて 花になろう

花はなんで枯れるのだろう
鸟はなんで飞べるのだろう
风はなんで吹くのだろう
月はなんで 明かり照らすの

何故ボクはココにいるんだろう
何故キミはココにいるんだろう
何故キミに出逢えたんだろう
キミに出逢えた事 それは运命

花びらのように散りゆく中で
梦みたいに 君に出逢えたキセキ
爱し合って ケンカして
色んな壁 二人で乗り越えて
生まれ変わっても あなたに逢いたい

花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が仆に残したモノ
"今"という现実の宝物
だから仆は精一杯生きて 花になろう

雨上がり 虹架かり 青あらしに生まれし光
ここにゆるぎない大切な物
気づいてる"爱する"ということ
まだ歩けるだろう? 见えてるんだもう
"想い"时を越え 永远に响け
君の喜び 君の痛み 君の全てよ
さぁ 咲き夸れ もっと もっと もっと